2020年 4月 6日 (月)

カップ麺市場にひさびさ「革新的商品」登場 ついに「マルちゃん正麺」カップで発売

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東洋水産は2015年10月5日、「マルちゃん正麺 カップ」3商品を発売する。これまで袋麺ブランドとして知られた「マルちゃん正麺(せいめん)」から初登場するカップ入り商品。9月30日に東京都内で、それらの発表会が開催された。

   カップ麺が誕生したのは1971年。76年にはカップ入りノンフライ麺が登場。今回の「マルちゃん正麺 カップ」誕生は、カップ麺市場には待望久しい「革新的商品」と呼べるかもしれない。

4年の開発期間を経て誕生

新製品発表会の様子
新製品発表会の様子

   「マルちゃん正麺」は、生麺をそのまま乾燥させる「生麺うまいまま製法」が特徴的な商品。生麺本来の味と、なめらかでコシのある食感を実現したことにより、2011年の発売直後には、袋麺市場に「マルちゃんショック」を起こした革新的商品だ。

   その人気から、以前より期待されていたカップ化が、満を持して実現することになる。商品開発に4年をかけ、東洋水産は新たに「生麺ゆでてうまいまま製法」の開発に成功した。これは、一度ゆでた麺を独自技術で乾燥させる特許製法。お湯を注ぐだけで、なめらかさと弾力ある食感を楽しめるほか、「伸びにくさ」や、箸で持ち上げた時の「重量感」も特徴だ。

常務取締役の沖斉氏
常務取締役の沖斉(おき・ひとし)氏

   同社常務取締役の沖斉(おき・ひとし)氏は、

「マルちゃん正麺のような新しい品質価値を、カップ麺でも実現したいとの強い思いで、2012年から開発に着手した。『即席麺で済まそう』ではなく、『即席麺を楽しもう』と思っていただきたい」

と語り、「マルちゃん正麺 カップ」で、停滞するカップ麺市場を起爆剤にとの思いをにじませた。

製品について語る中山清志氏
製品について語る中山清志氏

   同社の中山清志氏(加工食品事業本部 執行役員本部長)は、「生麺ゆでてうまいまま製法」について説明。これまでのカップ麺では、麺を乾燥させる前に、「蒸す」工程がある。しかし、新たな特許製法では、蒸す代わりに「ゆでる」ことにより、従来以上に生麺に近い食感を実現した。

「お客様の食生活をより便利に豊かに、そして新しい品質価値で、食文化の創造につとめてまいりたい。『すべては、笑顔のために』の弊社スローガンのもと、これからもお客様に笑顔を届け続けたい」(中山氏)
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!