11月8日「いい歯の日」 キシリトール・マイスタープロジェクトが口腔内チェックイベント実施

印刷

    11月8日、川崎市のグランツリー武蔵小杉において、「キシリトール・マイスタープロジェクト」に参加している歯科衛生士らによる、デンタルチェックとむし歯予防アドバイスを行うイベントが開催された。

    同イベントは「いい(11)歯(8)の日」にちなんだもので、歯科衛生士らが位相差顕微鏡を用いて参加者の歯垢をチェックし、オーラルセルフケアとキシリトールを活用したむし歯予防法についてのアドバイスをおこなった。自分の口のなかにむし歯菌がどれくらいいるかを確かめることで、デンタルケアに対する意識を高めようという狙いだ。

   当日は、地域柄ファミリー層が多く来場。母親の一人は「歯医者さんだと嫌がるけれど、こういった気軽にむし歯をチェックできる場があれば助かります」と話した。また別の父親は、「いつまで仕上げ磨きをしてやったらいいのか...。歯ブラシを持たせても、遊んでいるような状況」と明かし、子供に歯磨きをさせることの難しさについて悩む親の姿が目立った。

   歯科衛生士の姿を見ただけで泣く子もいたが、顕微鏡に「口の中のバイキン」が映しだされると興味津々の様子だった。

  • 子供の口腔内を気にする親の姿が目立った
    子供の口腔内を気にする親の姿が目立った
  • キッズ向けにむし歯ができる仕組みをわかりやすく伝えるビデオ上映
    キッズ向けにむし歯ができる仕組みをわかりやすく伝えるビデオ上映
  • 口腔内からとった歯垢をプレパラートに乗せる
    口腔内からとった歯垢をプレパラートに乗せる
  • モニターに映し出された歯垢。大きさや形はさまざまで、なかには活発に動くものも
    モニターに映し出された歯垢。大きさや形はさまざまで、なかには活発に動くものも
  • 位相差顕微鏡にてチェック
    位相差顕微鏡にてチェック

「むし歯」は親から子供にうつる

   日本歯学センターの歯科衛生士・鮓谷知子さんは、「(むし歯が)親から子供にうつるということを知らない人が多かった」と話す。お箸の使い回しや同じストローで飲み物を飲むほか、愛情表現としてキスするときなど、日常の行動のなかで親の持っているむし歯菌が、子供にうつることがあるとのこと。子供のむし歯チェックをすることで、親自身のデンタルケアへの意識づけにもなったようだ。

子供から高齢者まで、日常的に使いたい「キシリトール」

   また鮓谷さんは、歯磨きを嫌がる子供に対し、キシリトール入りのガムやタブレットを使う方法も提案。日常的にキシリトールを摂取することで、口のなかの汚れが落ちやすくなり、さらにむし歯菌も弱まるため、むし歯になりにくくなることが期待できるという。

   その他キシリトールは、忙しいビジネスマンや歯磨きが難しい高齢者にも有用。定期的に歯医者でクリーニングを受けることができれば良いが、ビジネスマンや高齢者はなかなかそうもいかない実情もあるだろう。キシリトールを摂取していれば、将来的に自分の歯を多く残せる可能性も高まるかもしれない。

   [提供:キシリトール・マイスタープロジェクト]

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中