2019年 5月 20日 (月)

フランスに「イスラム政権」ができる? 衝撃の近未来小説『服従』は絵空事ではない!

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   パリの週刊誌「シャルリーエブド」襲撃事件から1年。一冊の本が世界を揺さぶり続けている。

   フランスの作家、ミシェル・ウェルベックの近未来小説『服従』だ。フランスで2022年、イスラム政権ができる――この小説が描く6年後のフランスの姿が、もはや欧州各国では荒唐無稽と言えなくなっているからだ。

作家は身辺警護の対象に

   2015年1月7日。奇しくも襲撃事件の当日、『服従』は発売された。その内容や衝撃を、日本でいち早く報じたのは同月13日の毎日新聞だった。

   「仏作家の新作、波紋 テロ当日発売、警察が身辺警護」という見出しの記事で次のように伝えた。

「『服従』は、22年の大統領選でイスラム政党代表が極右政党「国民戦線」のルペン党首を破り、大統領に就任する物語。一夫多妻制や女性の就労制限など急速にイスラム化が進むという筋書きだ。実在の政治家も多く登場し、発売前から話題となっていた」

   「イスラム化」の脅威を暗示する内容ということもあり、同氏が新たなテロの標的となることを懸念した仏警察当局は同氏の身辺警護を始めた。本の販売イベントも中止され、同氏は既にパリを脱出した、とも伝えた。

   ウェルベック氏は58年、インド洋の仏海外県レユニオン島の生まれ。複雑な家庭環境で育ち、波乱に満ちた人生を歩んできたことで知られる。2010年にはフランスで最も権威のある文学賞ゴンクール賞を受賞している人気作家だ。過去には「イスラムはくだらない宗教」と発言し、人種的憎悪扇動罪などに問われたこともあるが無罪となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中