ハウステンボス「チューリップ祭」...国内最多700品種、「光の王国」など夜も見どころ満載

印刷

   ハウステンボスは、ヨーロッパを思わせる街並みにチューリップが咲き誇る「チューリップ祭」を、2016年2月8日から4月18日まで開催する。

   1万1000本のチューリップを使用した高さ4mの「チューリップ富士」が初登場し、3月19日から4月11日までのスペシャルウイークには国内最多となる700品種が勢ぞろいする。

   さらに、有機ELパネルでできた花弁を持つチューリップ約5000本が音楽にあわせて輝く「光のチューリップガーデン」や、1300万球のイルミネーションで彩られる「光の王国」など、夜も見どころが満載。

   また、2月6日から7月19日まで「花の芸術祭」を同時開催。エディブルフラワーによるスイーツや花を使ったエステ体験、貴重な植物画の展示など、花の世界を五感で楽しむことができる。貴重な「食べられるチューリップ」も、期間限定で登場する。

  • 2月8日から4月18日まで開催
    2月8日から4月18日まで開催
  • 世界初となる有機ELパネルのチューリップが夜を彩る
    世界初となる有機ELパネルのチューリップが夜を彩る
  • 1300万球のイルミネーションで彩られる「光の王国」
    1300万球のイルミネーションで彩られる「光の王国」
  • 国内最多となる700品種が勢ぞろい
    国内最多となる700品種が勢ぞろい
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中