2020年 7月 14日 (火)

「一緒に仕事をしたくない人」にならないために..."スメハラ・マネジメント"を知る

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   2000年に大手企業P&Gの「ファブリーズ暮らし快適委員会」が2月1日を"においの日"に制定。ひとくちに"におい"といっても感じ方は人それぞれ。最近では「スメハラ(スメル・ハラスメント)」という言葉が生まれるほど、においは社会的な問題になっている。そこで今回は加齢臭から、アロマオイルの心地よい匂いまで、においにまつわる3冊をご紹介。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(https://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

"臭い"でビジネスチャンスを逃していませんか?

なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?
なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?

   2014年に大手企業が行った意識調査によると、「一緒に仕事をしたくない人」の第1位は「臭う人」だったという。『なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?』(著・五味常明、1296円、かんき出版)では、ワキガ、体臭、多汗症専門医である五味氏が、臭いによるビジネスや人間関係に与える影響を解説している。そのうえで、臭いが発生する原因、体臭を緩和する方法を説明。「なぜ"オヤジはくさい"と言われるのか?原因はあなたのイメージが9割」「男の2大問題、加齢臭と肥満は蜜月関係にある」「ニンニクを食べたら牛乳か昆布、これが真実である」「靴の臭いはたった20円で消せる」など全57章。

   誰にでも簡単にできて、高い効果のある方法を厳選して収録している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!