2020年 1月 19日 (日)

清原よ 人生の逆転本塁打を打ってくれ 逆境を乗り越え最後に勝つ者は

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   「人生の逆転満塁ホームランを打ってほしい」。覚醒剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者に、PL学園時代からともに活躍してきた野球評論家の桑田真澄さんがこう呼び掛けた。人間誰でも逆境に陥るが、どう乗り越えていくか、真価はそこにある。今回は人生の困難を克服する方法について考えてみたい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(https://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

人生の決勝点は10年先だ

『逆境を越えてゆく者へ』(著・新渡戸稲造、編・実業之日本社、691円)
『逆境を越えてゆく者へ』(著・新渡戸稲造、編・実業之日本社、691円)

   『逆境を越えてゆく者へ』(著・新渡戸稲造、編・実業之日本社、691円)の著者は、世界的な名著『武士道』を残した新渡戸稲造だ。教育者、農学者で第一高等学校校長と東京帝大教授を務め、東京女子大の初代学長にもなり、青少年の教育に情熱を注いだ。その新渡戸の『修養』『自警』の中から「苦難の時をいかに生きるか」のテーマで精選し、平易な現代仮名遣いで新たに編集した。

   そもそも逆境とは何か。新渡戸は、逆境はすべての人にあるといい、順調なときほど油断が生まれるし、傲慢になり、人への恩を忘れ、調子に乗りやすい。逆境の原因は、天が授けるものと自ら作り出す自業自得の2種類がある。後者の方がはるかに多いのに、多くの人は天を怨んだり他人を怨んだりする。

   人生の決勝点は長い年月を経て決まる。焦ることなく、「まあ10年待て」と諄々と諭す。古風な教訓かもしれないが、いまも変わらぬ教えだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!