シューマンの子供への愛がつまった「子供のアルバム」より「五月、愛しの五月、お前はまたやって来た!」

印刷

   ここのところ、交響曲などの大規模な作品をお勧めすることの多かったこのコラムですが、今日取り上げる曲は、演奏時間わずか2分40秒ほどの小さなピアノ曲です。ロマン派の作曲家、ロベルト・シューマンの「美しき五月よ、お前はまたやってきた!」です。

    この曲は、シューマンの作曲した「子供のためのアルバム Op.68」の13曲目に収められています。

  • 子供のためのアルバム 楽譜扉
    子供のためのアルバム 楽譜扉
  • いとしい五月よ…冒頭にタイトルが書かれている
    いとしい五月よ…冒頭にタイトルが書かれている

障害乗り越え恩師の娘と結婚、7人の子宝に恵まれる

   21世紀の現代においては、先進国では少子化が顕著、平均年齢の高齢化とワンセットで社会保障などの悩みがどの国にもあります。しかし、作曲家に限らず、音楽家は今も昔も経済的に恵まれる職業とはいいがたいので、19世紀においても「子だくさん」な音楽家はそう多くありません。医療技術の未発達や栄養が限られていることもあり、乳幼児死亡率は現代と比べたら比較にならないほど高く、どの家庭も子沢山が当たり前だった時代においても、音楽家は旅が多く、夜の仕事も多く、経済的に不安定で、家庭生活の安定とは程遠い職業といえました。名曲を数多く残したベートーヴェンやシューベルトやショパンは、残念ながら直系の子孫は残してくれませんでした。彼らはそもそも結婚していませんでしたし、ショパンは滅びた祖国から脱出した亡命の身で病気がち、シューベルトは困窮の極み、ベートーヴェンは音楽に人生をささげすぎて女性から遠慮される...などなど、それぞれの事情がありました。

   シューマンも、結婚には障害がありました。彼は、自分のピアノの恩師フリードリッヒ・ヴィークの娘、クララと恋愛関係になったのですが、ヴィーク氏が、弟子といえども、クララとは年齢差がかなりあり、将来が危うい若手の作曲家・音楽評論家だったシューマンに、娘を嫁入らせることに大反対だったのです。結局、シューマンは裁判まで起こして結婚にこぎつけます。結果的に、クララ=シューマンとなったピアニストの彼女は、夫ロベルトを演奏家として支え、彼が病気で若くして亡くなった後も、ピアニストの「細腕」で家族を支えるという大活躍をしました。そして、この夫婦は、成人した子供だけでも7人というたくさんの子宝に恵まれています。

長女7歳の誕生日の贈り物として...その後次々と曲を書き足し43曲に

   話は変わりますが、ピアノ曲を作曲する作曲家の多くが、「練習曲」や「子供のための作品」を作ります。自分の芸術性を問う代表作と同じに、プロの演奏には高い技術が要求されるピアノという楽器に人々をいざなうため、そして、オーディオのなかった19世紀においては、「家庭内音楽装置」として人気だったピアノをやさしく弾きこなすために、これらのジャンルは、作曲家にとって重要なジャンルだったのです。もう一つ、「難しい作品より楽譜が数売れるので収入になる」という裏の理由もありましたが。

   「子供のためのアルバム」は、最初、シューマンの長女マリーエの7歳の誕生日の贈り物として作曲されました。その時は、7曲で、タイトルも「クリスマスのためのアルバム」とされていました。この作品を気に入っていたのか、シューマンはその後次々と曲を書き足し、最終的に2部43曲からなる「子供のためのアルバム」として出版されることになります。

   今日の1曲は、その13曲目。子供向けの曲集ですから、他の曲はタイトルも「メロディ」とか「勇敢な騎手」とか、有名な「楽しき農夫」とか、子供にも理解できるシンプルなものが多くなっていますが...この曲だけは、「五月、いとしい五月よ!~お前はまたやってきた!」と長く、詩的なものとなっています。

   冬が長く、暗く、寒い、高緯度地帯の国であるドイツでは、春が待ち遠しく本格的な春がやってくる5月はもっとも麗しい季節とされ、数多くの芸術作品に讃えられています。この曲も、子供でも弾けるように簡単な形式をとりながらも、5月を喜ぶ素直な感情が満ちた、素敵な曲となっています。

    ロマン派の作曲家シューマンの、子供と5月への愛にあふれたこの曲集、「子供のためのアルバム」は今でも子供たちのピアノレパートリーの重要な作品となっています。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中