2018年 10月 22日 (月)

高画質「ハイスピードIGZO」と2260万画素メインカメラ、AI「エモパー」も進化したスマホ「AQUOS SERIE」

印刷

   au(KDDI)は、シャープ製スマートフォン「AQUOS SERIE(アクオス・セリエ) SHV34」を2016年6月中旬に発売する。

   動きの激しい動画や画面スクロール時に文字が見やすく目が疲れにくいという約5.3型フルHD(1920×1080ドット)「ハイスピードIGZO」液晶ディスプレイを搭載。動作や機能を制限し、充電を忘れてもバッテリー残量20%から1日持たせられるという「長エネスイッチ」を備える。

   リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証「GR certified」を取得した約2260万画素メインカメラは、F1.9の明るいレンズとの組み合わせにより美しい写真撮影が可能。約0.4秒の高速起動カメラアプリと約0.02秒の高速オートフォーカスを装備する。

   ユーザーに最適な気づきを話しかけてくれるAI(人工知能)「エモパー4.0」は、ユーザーの体重や歩数に基づいた専門的なアドバイスする「エモパーヘルスケア」をサポート。

   OSは「Android 6.0」、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB、microSDXCメモリーカード(最大200GB)対応。IPX5/8の防水、IP5Xの防塵性能を備える。バッテリー容量は3000mAh。

   カラーはネイビー、ホワイト、コーラルピンクの3色。

  • AI「エモパー」がユーザーの健康面もサポート
    AI「エモパー」がユーザーの健康面もサポート
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中