2018年 9月 20日 (木)

本当か!? 恋人がいても半数以上の女性が「新しい浮気相手を探したい」との調査結果

印刷

   20~30 代の女性向け恋愛情報サイト「愛カツ」を運営するTOBE(東京・港区)は2017年4月30日、驚きの調査結果を発表した。

   同サイトの女性読者を対象にしたアンケートによると、「今恋人がいる」人のうち過半数が「新しい浮気相手を探したい」というのだ。

  • 新年度は要注意!
    新年度は要注意!
  • 4月から新しく始めようと思うことはありますか?
    4月から新しく始めようと思うことはありますか?
  • 4月からの新年度に向けて、恋愛に対する意識を教えてください
    4月からの新年度に向けて、恋愛に対する意識を教えてください
  • 不倫の結末はどうなりましたか?
    不倫の結末はどうなりましたか?

3割が「不倫相手の奥さんから訴えられた」

   まず、1003人が回答した「4月から新しく始めようと思うことはありますか?」(17年3月14日~4月30日で集計)との質問では、1位が「浮気・不倫」。316人(31.5%)が選択している。「浮気・不倫」が最多とはにわかに信じがたいが、回答したのが、恋愛に積極的な女性たちなのかもしれない。

   2位は「恋活」で151人(15.1%)、3位は「資格等の勉強」の122人(12.2%)、4位「ダイエット」101人と続く。

   次に、「今恋人がいる」未婚女性(762人)を対象にした、「4月からの新年度に向けて、恋愛に対する意識を教えてください」(17年3月6日~4月30日で集計)との質問には、

   「新しい恋人を探したい」が53人(12.9%)、

   「新しい浮気相手を探したい」が216人(52.7%)

と、男性には戦慄が走る結果に。過半数が浮気もやぶさかでないどころか、「新しい」とつくのはなかなか衝撃的だ。

   これほど「道ならぬ恋」が特別なことではなくなっているのであれば、不倫経験者も多いとみえる。

   アンケートでは、最後に、未婚女性と不倫経験者を対象(852人)に「不倫の結末はどうなりましたか?」(17年4月22日~4月30日で集計)と聞いている。

   その結果、「不倫相手の奥さんから訴えられた」(282人・33.1%)がトップ。次いで「不倫相手から捨てられた」の178人(20.9%)、「不倫継続中」の155人(18.2%)となり、「不倫相手と結婚できた」のはわずか59人(6.9%)だった。

   春は心が浮つく季節というが、時には自制も大切のようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中