2018年 8月 15日 (水)

ガチで恐ろしい世界のスポット、紹介します... ハロウィンは思いきり怖がろう!

印刷

   10月31日は、ハロウィン。コスプレをして街に出かけたり、ハロウィン期間限定で販売されているグルメを食べるなど、楽しい企画は多い。

   だが、従来、ハロウィンの起原は「悪霊退散」が目的。旅行サイトのエクスペディアは、そんな従来の恐ろしいハロウィンにピッタリの、世界の最恐スポットを紹介している。

切り裂きジャック、人骨など恐ろしいスポット...

   ■ルーマニア・トランシルヴェニアにあるのは、言わずと知れた「ドラキュラ」が住んでいたとされる「ドラキュラの城」だ。

trend_20171013154702.jpg

   残虐な処刑や政治を行い、「串刺し王」という異名を持っていたウラド3世は「ドラキュラ」のモデルとなった人物で、この城に住んでいたという伝説がある。中は迷路のように複雑で、迷わないように注意が必要だ。ツアーで予約すれば、航空券とホテル代合計、4泊5日6万9400円から。

   ■おしゃれな街として観光地として知られるフランス・パリにも、最恐スポットが。「カタコンベ」という、パリ市内にある世界最大の地下墓地だ。

trend_20171013154722.jpeg

   約600万人以上の遺骨が納骨されている。壁にずらりと骸骨が並ぶカタコンベの入り口には「止まれ !ここは死の帝国である」という文言が刻まれている。ツアー料金は、7万6300円から。

   ■スコットランド・エディンバラにある、いわくつきの地下通路「ブレア・ストリート・ヴォールト」は、かつては身分の低い人々が暮らしていた場所とされる

trend_20171013154743.jpeg

   中世には殺人鬼によって殺された死体が多数置かれており、その後数々の心霊現象が記録されるなど、ヨーロッパでも有数の心霊スポットとして知られている。通路内を歩く体験ツアーに参加し、幽霊を探してみてはいかが。ツアー料金は、7万9200円から。

   ■イギリス・ロンドンにあるのは、イギリスで19世紀に起き、もっとも有名な未解決事件「切り裂きジャック」で多くの犠牲者が出て、発見された現場、「イースト・エンド」。

trend_20171013154801.jpg

   現地ガイドのツアーでは、イースト・エンドの薄暗い通りにある当時の犯行現場や、犠牲者が最後に目撃されたバーを回ることができ、「切り裂きジャック」の現場の雰囲気を味わうことができる。ツアー料金は、8万5700円から。

   ■イタリア・ローマでは、カプチン・修道会博物館、通称「骸骨教会」がある。

trend_20171013154818.jpeg

   14世紀に建てられたこの教会には、約4000人分もの人骨が収められており、そのうち約1000人分が壁や祭壇、シャンデリアなど教会内部の様々な装飾に用いられている。ツアー料金は7万3000円から。

   今年は、楽しむハロウィンではなく、怖いハロウィンにしてみてはいかが。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中