待ちに待ったシャンシャン公開! 誰よりもパンダに詳しくなりたい

印刷

   2017年6月12日に生まれた、上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香)」。生後6か月を迎え、12月19日から母親のシンシンとともに公開される。ひとめ見たいというファンが殺到するのは必至の状況だが、当面見学できるのは抽選で当たった人のみ(12月6日12時から受け付け)。

   シャンシャンをその目で見られる日を夢見て......。まずは「パンダ」について、深く知ろう。生態や日本とのエピソードなどを描いた本を紹介する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttp://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

trend_20171201192120.png

あらゆる教科から学ぶことができるパンダの真実

『教科で学ぶ パンダ学』(著者:稲葉茂勝、監修:小宮輝之 今人舎)
『教科で学ぶ パンダ学』(著者:稲葉茂勝、監修:小宮輝之 今人舎)

   「2017年6月上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれました。でも、あなたは、どのくらいパンダについて知っていますか!?この本は、"かわいい"だけのパンダを紹介する本ではありません(本書より)」。

   『教科で学ぶ パンダ学』(著者:稲葉茂勝、監修:小宮輝之 今人舎 1944円)は、パンダを通して、歴史・地理・政治・経済・生物・自然・環境といった教科から雑学まで、さまざまな学びができるという一冊。監修を務めるのは、1972年に多摩動物公園の飼育係になり、その後上野動物園の飼育課長を経て、2004年から2011年まで上野動物園園長を務めた小宮輝之氏だ。

   「パンダの歴史と地理」「パンダと政治・経済(パンダ外交、パンダのレンタルとは?ほか)」「パンダを取りまく自然・環境(三国志の時代の都・成都では?パンダの保護活動ほか)」「生物としてのパンダ(パンダの食べ物、パンダの成長ほか)」「雑学パンダ!」の全5章でパンダの知られざる世界がわかる。

パンダ好きが高じて「パンダの飼育員」になる夢を実現

『パンダ飼育係』(著者:阿部展子 角川書店)
『パンダ飼育係』(著者:阿部展子 角川書店)

   幼い頃からパンダが大好きで、パンダ一筋だった少女が、夢を追って中国に渡り、成都のパンダ繁殖研究所に就職。本場で修行を積み、その後上野動物園でパンダ飼育係として懸命に働く阿部展子氏の姿が描かれたお仕事エッセイ『パンダ飼育係』(著者:阿部展子 角川書店 1296円)。

   パンダとの出会いや中学留学が描かれた「パンダに魅せられて」、パンダの専門家を目指して勉学や実習に励む「四川農業大学」、本格的に飼育を仕事にした「成都パンダ基地」、上野動物園で起こったさまざまな出来事を綴った「上野動物園」の全4章。

   リーリー&シンシンや四川の子パンダたちのたまらなくかわいい写真もたっぷりご紹介。

人間たちに翻弄されたアイドル動物・パンダの150年

『パンダが来た道: 人と歩んだ150年』(著者:ヘンリー・ニコルズ 白水社)
『パンダが来た道: 人と歩んだ150年』(著者:ヘンリー・ニコルズ 白水社)

   発見当初から人々を魅了し、動物園では驚異の集客力を発揮しているジャイアントパンダ。中国共産党は外交に、WWF(World Wide Fund for Nature世界自然保護基金)は広告塔に彼らを利用した。『パンダが来た道: 人と歩んだ150年』(著者:ヘンリー・ニコルズ 白水社 2592円)では、このアイドル動物と人間が辿った数奇な道のりや、謎に包まれた生態と繁殖、保護活動の最新情報まで、サイエンスジャーナリストニコルズ氏が綿密な調査に基づき紹介している。

   「未知の動物/極上の白黒のクマ、皮と骨、狩りの始まり、生け捕り作戦」、「象徴としての動物/共産主義国の『商品』、野生動物保護の顔、お見合いの政治学、第二の生涯」、「保護される動物/大統領のパンダ、野生のパンダたち、飼育下での研究、未来へ」の全3部。図版も多数。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中