2018年 11月 21日 (水)

正座という苦役 吉田戦車さんが茶会に持ち込んだ秘具とは

印刷

   FLASH(2月27日号)の「ごめん買っちゃった」で、マンガ家の吉田戦車さんが「正座イス」の効用を説いている。このコラム、最終ページの色刷りで、書き下ろしのひとコマ漫画が二つ添えられる。サブタイトルに「買いもの失敗成功日記」とある。

   舞台は、お子さんが関わる大学茶道部の茶会。2年前に初参加した吉田さんは、正座のきつさを思い知った。「茶席の趣向を楽しむどころではない苦行」が約30分、その間、江戸時代の拷問「石抱き」のことを考えていたそうだ。これに懲りた吉田さん、今年は毎日数分ずつの鍛錬で身体を正座に慣らす、なんて一念発起はないまま、ネット通販で「正座イス」を入手する。税込み2580円なり。

   どんなものなのか。正座した尻と両足の間に逆三角形の空間をつくることで、ひざ、すね、足の甲にかかる体重を減らす器具である。携帯しやすいよう、ふだんは折りたたまれている。中が空洞の三角柱に組み立て、平面が尻に当たるように、とがった方を床につける。上下が逆だと、それこそ怪しげな責め具になるので注意が必要である。

  • 茶席で長時間の正座、慣れていないと…
    茶席で長時間の正座、慣れていないと…

ズルではなく対策

   今年も参加費500円の茶会に顔を出した吉田さんは、鞄から例のものを取り出し、素早く尻の下に押し入れた。やや座高が高くなったのは、間違えて「大」を買ったためだ。

「ズルをしているような気持ちにもなったが、いや、これはズルではなく『対策』である、と胸を張り、和菓子と抹茶をいただいた」

   前年は茶道具や掛け軸、花入れなどを楽しむ余裕はなかったが、今回は少なくとも肉体的な余裕はある。ただ、そういう方面にはもともと興味が薄い吉田さんは、床の間にガンプラ(機動戦士ガンダム関連のプラモデル)とかが飾ってあったら面白いのに、などと異なことを想像してしまう。

   「正座の痛みがなければないで、茶席にふさわしくないことしか考えない人間、ということだろうか」と、自虐のオチでまとめた。

法事での悶絶

   ネットで類似商品をいくつか見た。「足は痺れにくいとは思いますが、かなり不安定です」「骨組みがガッシリしていて座る面も広め、おデブな私でも大丈夫そう」等の口コミが並んでいる。吉田さんが購入したものと同じ形状、近い価格で「正座革命」なる商品もあった。「深く座れば本体はほとんど隠れます」というから、なるほど革命に近い。それを正座と呼べばの話だが。

   痒いところに手が届く、痛いところに目が届く。およそアイデア商品の要諦は、顧客の立場でモノを考えることである。

   それにしても、秘具が要るような座り方が「正」とされるのはどういうことか。床にクッションを敷き詰めた畳文化のなせる業だろうか。体をいじめる正座は不合理ゆえに、抑制美を醸し出す所作として茶道や日舞で珍重されているのかもしれない。

   広まったのは江戸時代、正座と称したのは明治期らしい。戦後に至るまで、学校での罰則として使われることもあったから、もともと苦役という共通認識はあるわけだ。

   正座イスが活躍する場面といえば、圧倒的に葬儀や法事ではないか。厳粛な席で、しびれの絶頂期に限って焼香の順番が回ってきたりする。中高生までなら照れて済ますこともできようが、大人が悶絶しながら遺影に歩み寄る姿は見るにしのびない。

   近頃は畳の上に低い腰掛を並べ、法事の参列者を苦役から解放している寺もある。静岡にある実家の菩提寺が実際そうしている。寺公認のズル...ではなく対策、いや顧客サービスとして。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)

コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中