2018年 11月 18日 (日)

盧廣仲、「What a Folk!!!!!!」
「やっぱり自然なものが一番」

印刷

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   「台湾のスーパースターなんです」

   率直に言って、彼をそんな風に紹介された時、こういう音楽をやっている人とは思わなかった。

   盧廣仲。英語名クラウド・ルー。1985年生まれ。去年、5枚目のアルバムが出たばかりだ。

   アルバムのタイトルは「What a Folk!!!!!!」である。

   直訳するとこういう感じだろうか。

   何て、フォークなんだ!

盧廣仲「What a Folk!!!!!!」(Team Ear Music、アマゾンHPより)
盧廣仲「What a Folk!!!!!!」(Team Ear Music、アマゾンHPより)

フォークソングの「素朴さ」に留まらない広がりや奥行き

   彼を紹介されたのは2018年3月17日、武蔵野の森総合スポーツプラザメーンアリーナで行われた「SONGS&FRIENDS」のコンサートでのことだ。前々回、この欄で紹介した荒井由実のファーストアルバム「ひこうき雲」をテーマにしたコンサートである。

   その翌週、21日に国際フォーラムで行われる予定になっていた一青窈のライブにゲスト出演のため来日していた。台湾では最大級アリーナ会場、台北アリーナでのコンサートが毎回完売。去年、一昨年と行われた日本でのコンサートも完売した。新作アルバム「What a Folk!!!!!!」で台湾のグラミー賞と言われている金曲賞(奨)の最優秀男性歌手も受賞している。

   というようなことも含め、お恥ずかしい事に紹介されるまで彼のことは全く知らなかった。台湾には90年代以来、日本人アーティストのライブの取材で何度となく足を運んでいる。でも、そういう時は、ライブを見てインタビューして原稿を書いてということで終わってしまう。台湾でどんな音楽が生まれているのか、若者達の間でどんなアーティストが支持されているかまで関心が行き届いていなかった。

   彼のことも、彼を紹介してくれたアジアンポップスに精通している評論家が送ってくれた資料や音源を聞いて目から鱗が落ちる思いだったのだ。

   台湾の歌い手、と言われてどんな人を連想するかは世代によって違うのだと思う。でも、シンガーソングライターというスタイルを思い浮かべる人は少ないのではないだろうか。かつてのテレサ・テンとまでは言わなくても歌唱力のあるソロシンガーという例が多いに違いない。

   盧廣仲は、そういうアーティストとは明らかに違った。「What a Folk!!!!!!」は、そのタイトルが物語っているように、生ギターを全面に出したアコースティックなアルバムだ。それでいて60年代や70年代に日本の若者たちが影響されたアメリカンフォークソングとも違うしっとりと細やかな情緒性や穏やかな温度感を備えている。自分の祖母のことを歌った曲では民族楽器の二胡も使われている。歌詞の中には今の台湾の若者たちの生活感も綴られている。今、日本でイメージされるフォークソングの「素朴さ」に留まらない広がりや奥行きを感じさせたのだ。言葉が分からなくとも伝わる印象だった。

「テーマは前向きな気持ち、尊重、鷹揚、善意」

   もし、滞在中に時間があれば話を聞かせて頂けますか。

   そんな突然の依頼が実現したのはその二日後。しかも、筆者が行っている番組収録の場所で彼も取材を行っていたという偶然の巡り合わせだった。

   彼にとってフォークとはどういう音楽なんだろうか。

「フォークソング自体はそんなに聞いたことがないんです。アコースティックギターを使うというイメージとFolkという言葉には人々、仲間、人生というような意味もある、ということくらいでしょうか。アルバムもフォークというスタイルで今の気持ちを書きたい、自分なりの年代の生活を歌いたいということで作ったんで、アメリカンフォークソングとは少し違って聞こえるのかもしれません」

   日本と台湾の歴史は古い。

   特に戦前から戦後にかけての半世紀は日本の統治下にあった。今も使われている台湾の生活インフラの基盤には日本が主導して作られたものが少なくない。日本語を話す年輩者が多かったり当時の歌謡曲が歌い継がれているのはそういう背景もある。

「日本の音楽の影響は受けていると思います。最初に覚えた歌は祖父や祖母が歌っていた「桃太郎さん」ですし(笑)。音楽をやるようになってからは椎名林檎さんとかSMAPとかも聞いてました。漫画やアニメ、日本の影響は大きい。台湾語でカバーされていた日本の演歌も多いですから、自分の中にもそういうコード進行はあるんだと思います」

   二年前、台湾を訪れた時に現地のアーティストのCDを何枚か聞かされた。先住民音楽と言われる民族音楽は、どれもアコースティックギターで歌われていて、僕らが想像する民族音楽というより「民謡」だった。彼も「僕の中の民謡というのはアコースティックな音楽」と言った。日本のようにアメリカから入ってきた「フォーク」を訳した音楽ではなく「民謡」が下地になったものが彼らにとっての「フォーク」ということになるのかもしれない。

   彼がギターを始めたのは、九死に一生を得た交通事故で入院している時で「YOUTUBEで習い始め、曲を作る友人に出会って作曲を始めた」ことだったと言う。自己流で始めたギターで思ったことや歌いたいことを歌う。それこそがシンガーソングライターならではの始まりだろう。

   3月21日、東京国際フォーラムで一青窈の15周年ライブ「謝音会」で初めて生の歌を聞いた。「初めて海外で他の人のライブに出た」とは思えない情感豊かな弾き語りを聞かせてくれた。11月16日、赤坂ブリッツのライブが決まっている。

「音楽の力は計り知れないものがあると思ってるんですね。楽しい時、気持ちいい時だけじゃない怒りに満ちている時も音楽を聴くと感情が変わる。アコースティックなものでこれだけ音色の幅も出せることに気づきましたし。やっぱり自然なものが一番と思いました」

   日本と台湾の関係は年々親密度を増している。

   2015年以来、高校生の海外修学旅行の場所で一位を続けている。彼は「自分の音楽のテーマは前向きな気持ち、尊重、鷹揚、善意」だと言った。

   旅をすることは人を知ることでもある。

   観光地を回るだけでなく、その国の若者が何を考えているか知ることも発見だろう。

   音楽がその最良の友人であることは言うまでもない。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中