2019年 12月 6日 (金)

世代の悪弊を断つ 犬山紙子さんが痛男に「面倒くさい先輩になるな」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   週刊SPA!(7月3日号)の「オトコ観察絵日記 痛男(イタメン)」で、エッセイストの犬山紙子さんが「世代ごとの悪しき習慣を断ち切ろう」と訴えている。

「そうできない人が迷惑をかけると『あー、あの人バブルだから』と世代で揶揄されてしまうようになる。逆に、同世代の負の連鎖を断ち切れる人はずっと好かれる...」

   36歳の犬山さん自身は「根性論がきついわけでもないし、比較的実力主義。一方で、多様性を理解しているようでしていない世代だな」と自覚する。

   多様性を理解しない? それは己の属性をひとくくりに自虐しがちで、かつ「気軽に差別用語を発する最後の世代」だから、なのだという。

「属性自虐の何が悪いかって、同じ属性の人も一緒に貶めることになってしまうこと、そして後輩たちが思いっきり気を使わなきゃいけないところです」

   例えば非モテや独身への自虐。「彼女いない歴35年」などという年長者に、周囲は黙り込むか「やばくないですって」「独身でも楽しいからいいじゃないですか」とフォローせざるを得ない空気が漂う。要するに、しちめんどくさい先輩ということになる。

「笑いをとっていると思っている人もいるかもしれませんが、『あ、この人は、独身を悪いものという意識の人なのだな』と、愛想笑いをしつつレッテルを貼られることも」
  • 先輩のそういうところが、ちょっとムリ
    先輩のそういうところが、ちょっとムリ

自虐ネタは古い

   犬山さんによれば、こうした自虐ネタは種々のハラスメントからわが身を守るために生み出されたものだ。自分のウィークポイントや劣等感を先回りして公言することで、他人から言われた時のダメージを軽くしたい、そんな心理だろう。

「ハラスメントがここまで糾弾されるようになった今、自虐も考え直さなければいけない段階に入ったと思うのですね。自分がどんな属性であれ、堂々としていればいいのです」

   自分を下にして笑わせるなら、エピソードトークのほうが断然おもしろいという。具体的な失敗談やら、恥ずかしい体験などのことらしい。

   自虐が時代遅れなら、それとセットの「キラキラバッシング」もダメだそうだ。カフェでの自撮り女子を揶揄するような行為である。

   犬山さんが同世代に感じる差別意識とは、男性がゲイの前で「襲わないで~」とおどけたり、レズビアンに「本当にいい男に出会ってないからだよ」と言ったりするケースを指すのだという。男尊女卑的な物言いもしかりである。

「このあたりも反省&更新をしていかないと、われわれ世代が劣化するでしょう。てなわけで、誰しも上の世代から続く悪い流れを見直すタイミングなんじゃないか、と思ったのでした」

冨永格(とみなが・ただし)

コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!