2019年 10月 23日 (水)

7月31日は火星大接近 珍しい天体ショーを自分の目で観察しよう!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   きょう7月31日、15年ぶりに火星が地球に6000万キロより近い距離で大接近する。観察しやすい時期は9月上旬ごろまで続く見込みだ。

   この夏はほかにも、天文ファンにとってうれしい出来事が続く。

  • 「Qoo10」
    「Qoo10」
  • ペルセウス流星群(c)国立天文台
    ペルセウス流星群(c)国立天文台
  • ペルセウス流星群(c)国立天文台
    ペルセウス流星群(c)国立天文台
  • 火星大接近(c)国立天文台
    火星大接近(c)国立天文台
  • 火星大接近(c)国立天文台
    火星大接近(c)国立天文台

望遠鏡、カメラ、双眼鏡...夏休みの自由研究に

   8月12日夜から13日朝にかけては、「三大流星群」の1つ、ペルセウス座流星群が見ごろだ。夜空が十分に暗い場所であれば、1時間当たり40個程度の流星を見ることができるという。

   8月上旬には、金星、木星、土星、火星、4つの惑星が同時に見える。5月6日付の産経ニュースによれば、木星、土星、火星が相次いで最接近するのは、約1世紀ぶりの珍しい現象だという。

   インターネット通販サイト「Qoo10」では、「天体観測関連グッズ特集」として、夏休みの自由研究などに使える望遠鏡や、カメラ、双眼鏡を紹介している。発表資料によれば、初心者向けから本格的なものまで、様々な種類を取り揃えているという。

   今年の夏、宇宙で起こる「100年に1度」の天体ショーを、自分の目で見てはいかがだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!