2019年 7月 17日 (水)

【激アツ!Tリーグ観戦記】エースは静かに闘志を燃やす 丹羽孝希のガッツポーズ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「最近試合の中でのガッツポーズが増えていますね」

   記者に指摘されたのは卓球Tリーグ、「琉球アスティーダ」の丹羽孝希選手。チームのエースは少し微笑みながら、答えた。

「勝てそうなときにやりますね。10-6になったときとか」

   報道陣から、ドッと笑い声が起きた。

  • チームに勝利をもたらした丹羽孝希選手(琉球アスティーダ)
    チームに勝利をもたらした丹羽孝希選手(琉球アスティーダ)
  • 観客に勝利の報告をする丹羽選手
    観客に勝利の報告をする丹羽選手
  • 勝利のガッツポーズ
    勝利のガッツポーズ
  • 相手のサーブを待つ丹羽選手
    相手のサーブを待つ丹羽選手
  • 第2マッチでT.T彩たま・吉村真晴選手に勝利した、琉球アスティーダ・陳建安選手
    第2マッチでT.T彩たま・吉村真晴選手に勝利した、琉球アスティーダ・陳建安選手
  • 勝利監督インタビュー中の琉球アスティーダ・外間政克監督
    勝利監督インタビュー中の琉球アスティーダ・外間政克監督
  • インターバルにT.T彩たまの坂本竜介監督にアドバイスを受ける吉村真晴選手
    インターバルにT.T彩たまの坂本竜介監督にアドバイスを受ける吉村真晴選手
  • 第3マッチに登場したT.T彩たま・岸川聖也選手
    第3マッチに登場したT.T彩たま・岸川聖也選手
  • わずか20分足らずでダブルスを勝利した、T.T彩たまのチョン・ヨンシク選手・平野友樹ペア
    わずか20分足らずでダブルスを勝利した、T.T彩たまのチョン・ヨンシク選手・平野友樹ペア
  • 試合前に観客にサインボールを投げるT.T彩たまのティアゴ・アポロニア選手
    試合前に観客にサインボールを投げるT.T彩たまのティアゴ・アポロニア選手

「1試合で数回しからやらない」

   卓球の新リーグ「Tリーグ」の男子公式戦、「琉球アスティーダ」と「T.T彩たま」の試合が2018年12月10日、東京・アリーナ立川立飛で行われた。アスティーダのホーム試合が東京都内で開催されるのは初めてだ。

   試合は、ホームの観客からの熱い声援を受けて、エースの丹羽孝希選手が勝負を決めた。

   丹羽選手はほかの選手に比べ、控えめにガッツポーズをする。勢いよく拳を高く突き上げる選手が多い中、腕は腰の当たりまでがほとんどだ。この日は長いラリーを制したとき、勝利を収めた瞬間に見られた。

「(試合の)出だしからはやらないので。勝負どころの1本をとったとか、自分がほしい1点をとったときとか。1試合で数回しからやらないと思います」

   本人はこう話す。琉球の外間(ほかま)政克監督は、こうした丹羽選手のガッツポーズは、ファンサービスにも繋がっていると見ている。

「先日(12月3日、4日)の沖縄での試合で、観客にアピールしている場面もあった。そこは本人のTリーグに対しての思い入れがあるのかもしれないですし、チームへの愛着も生まれてきているのかもしれません。たしかに最近多いし、ファンの人は喜んでいると思います(笑)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中