2019年 4月 24日 (水)

母が「便秘症状」だと子の46%が便秘 日本トイレ研究所「母親と子どもの排便実態調査」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   日本トイレ研究所は2019年3月29日、「母親と子どもの排便に関する実態調査」の結果を公表した。

   発表資料によると調査を行った理由について、昨今は子育てや健康に関する正しい最新情報の取捨選択が難しくなっている点、特に「排便」に関する情報が不足している実態を挙げた。本調査で子どもの排便頻度、親と子どもの便秘の関係などを明らかにしている。

  • 日本トイレ研究所実施「母親と子どもの排便に関する実態調査」
    日本トイレ研究所実施「母親と子どもの排便に関する実態調査」
  • 子どもの便秘症状はいつ頃から気になりだしたか
    子どもの便秘症状はいつ頃から気になりだしたか
  • 子どもの平均的な排便頻度について(子どもが便秘状態)
    子どもの平均的な排便頻度について(子どもが便秘状態)
  • 子どもの平均的な排便頻度について(子どもが便秘状態ではない)
    子どもの平均的な排便頻度について(子どもが便秘状態ではない)
  • 母親と子どもの便秘状況
    母親と子どもの便秘状況
  • 子どもの排便情報をどこで得ているか
    子どもの排便情報をどこで得ているか

「子どもが便秘状態」排便頻度3日に1回以下5割近くに

   調査は全国の1~3歳の子どもを持つ20~47歳の母親1500人(「子どもが便秘だと思う」人、「子どもが便秘だと思わない」人、各750人ずつ)を対象に実施した。

   便秘状態になっていると考えられる子どもを持つ母親568人に、便秘症状が気になりだした時期を質問した。結果は「0歳(53.5%)」、次いで「1歳(21.4%)」、「2歳(14.9%)」、「3歳(4.7%)」となった。なお「0歳」の内訳は「6か月未満(23.3%)」、「6か月以上1歳未満(30.2%)」だ。これを受け、日本トイレ研究所は「便秘のケアはかなり早い段階から必要といえる」としている。

   また「子どもが便秘状態」の568人と、「子どもが便秘状態ではない」932人とに分け、1日に何度排便があるか、平均頻度を調べた。「子どもが便秘状態」の人の最多回答は「3日に1回」で35.7%。日本トイレ研究所の発表によると「排便頻度が3日に1回」以下の場合は「便秘症を判断する一つの目安として用いられる」。また排便頻度が少ない「3日に1回」、「4~5日に1回」、「6~7日に1回」を合計すると47.0%になった。

   一方「子どもが便秘状態ではない」場合は、「1日に1回」が46.8%で最も多く、排便頻度が少ない「3日に1回以下」の回答を合計しても5.1%に留まっている。

排便に関する情報、多くが「家族」や「友人」から

    親と子どもの便秘状況の相関性について。「母親が便秘状態」の場合は「子どもが便秘状態」が46.4%、「子どもが便秘状態ではない」が53.6%だ。しかし「母親が便秘状態ではない」場合は、「子どもが便秘状態」が27.9%に対し、「子どもが便秘状態ではない」は72.1%と、母子ともに便秘状態ではない人が圧倒的に多かった。

   母親たちは排便に関する情報をどこから得ているのか。再度「子どもが便秘状態」と、「子どもが便秘状態ではない」とに分け、情報源を聞いている(複数回答可)。「子どもが便秘状態」の場合、1位は「家族(21.0%)」、2位が「友人(19.5%)」で、「子どもが便秘状態ではない」場合、最多回答が「友人(15.1%)」、次いで「家族(13.7%)」と、1位と2位が逆転した。

   結果を受け、日本トイレ研究所は、母親たちが病院や保健所のような専門機関よりも、家族や友人に頼る傾向があると分析。子どもの排便状況を改善していくために、排便に関する正しい情報の発信し、また保護者がその情報を得やすい環境を整えることが必須だとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中