2019年 5月 25日 (土)

「世界で最もサステナブルなリゾートを」 メルコリゾーツが日本で目指すIRの形

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「IR」(統合型リゾート施設)は、日本では「カジノ」に限定した議論がされがちだ。運営側は、どう考えているだろうか。

   世界的IR事業者「メルコリゾーツ&エンターテインメント」が2019年4月15日に発表した新サステナビリティ戦略について、話を聞いた。

デニス・チェン最高サステナビリティ責任者(左)と、フレデリック・ウィンクラー上級副社長
デニス・チェン最高サステナビリティ責任者(左)と、フレデリック・ウィンクラー上級副社長

サステナビリティは「私たちにとって『コミットメント』」

「サステナビリティというのは、単にプレスリリースの中で話をしている表面的なものではなく、私たちにとって『コミットメント』、つまり決意であり約束事です」

   フレデリック・ウィンクラー上級副社長は、冒頭からこう強調した。

   IR実施法が成立した日本では、今後IR事業者の選定が本格化する。マカオに本社を置くメルコリゾーツだが、ローレンス・ホーCEO(最高経営責任者)は幼少期の来日が原体験となって以来、300回以上日本を訪れている大の親日家。日本での開業には「これまでで最高のIRにしたい」と同時に、「世界で最もサステナブルなリゾートをつくりたい」とも話しているという。

   同社が現在、あらゆる事業で最重要視しているサステナビリティ。これを具現化する目標として、2030年までの実現を目指すのが「カーボン・ニュートラル」と「ゼロ・ウェイスト」という2つの柱だ。

   「カーボン・ニュートラル」は化石燃料の消費を減らし、施設内で再生可能エネルギー(再エネ)を生成していくことが中心だ。これらを通じてCO2排出量の減少と環境保全を図る。

   再エネ設備の導入事例として、メルコリゾーツがマカオで運営するIRでは、太陽光発電パネルを8000平方メートルにわたって設置している。発電量に換算すると年間770万キロワット。これはマカオ1500世帯の電力を1年間供給できる数値であり、CO2排出量も年間6000トン削減できる。2018年度の電力は「100%再エネから調達した」という。

   電気自動車の導入にも積極的だ。施設間移動に使うシャトルバス、さらに人気のカースタントショー「エレクロン」で用いられる車も電気自動車でまかなわれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中