2020年 1月 20日 (月)

遺伝情報を提供するとポイント付与 個人と企業を繋ぐ新プラットフォーム

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   遺伝子検査を手掛け、約71万人の遺伝情報データベースを保有するジェネシスヘルスケア(本社・東京)は2019年4月25日、個人の遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」の発表会を東京・恵比寿で行った。

  • ジェネシスヘルスケア・執行役員 COOの中西佑介氏
    ジェネシスヘルスケア・執行役員 COOの中西佑介氏
  • 「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」の仕組み
    「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」の仕組み
  • 「GeneLife Reward Program(ジーンライフ リワード プログラム)」
    「GeneLife Reward Program(ジーンライフ リワード プログラム)」
  • 協力した研究・開発の内容に応じて「ポイント」を受け取れる
    協力した研究・開発の内容に応じて「ポイント」を受け取れる

遺伝情報にシェアリングエコノミーの概念を導入

   本サービスは、遺伝情報を研究に活用したい医療・学術研究機関や製薬、食品関連などの企業と、ジェネシスヘルスケア社が販売する「GeneLife(ジーンライフ)」ブランドの遺伝子検査キットを購入した「個人」とを結び付ける。まず企業側が、遺伝子検査キット購入者に提供される専用のモバイルアプリを通じ、遺伝子情報をどんな研究や開発に利用するか開示。それを受けて個人が同意するか否かを判断し、双方が合意すれば遺伝情報が共有される仕組みだ。

   発表会で説明に立ったジェネシスヘルスケア・執行役員 COO(最高執行責任者)の中西佑介氏は、本サービスを「日本で遺伝情報にシェアリングエコノミーの概念を導入する先駆的な事例」と位置付けており、企業と個人、双方にメリットがあると語る。

   例えば、ジェネシスヘルスケア社がアンケート調査を通じて得た個人の性別、年齢、喫煙や飲酒などの生活習慣、過去に患った病気などの条件から該当者を匿名で検索できるため、企業側は特定の遺伝的特徴を持つ人の絞り込みが簡単になり、治験薬の研究期間短縮に繋がる。中西氏によると現在、健康医療機器メーカー大手のオムロンヘルスケア(京都府向日市)をはじめ製薬会社、治験会社、化粧品・食品会社など10社以上の企業と本サービスについて協議を進めているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!