2019年 12月 14日 (土)

食費に光熱費...切実な節約事情あらわに 10~20代女性の家計事情調査

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   エイブルホールディングスが運営する、ひとり暮らし女性向けブランド「MAISON ABLE(メゾンエイブル)」は、「ひとり暮らし女性と実家暮らし女性の家計事情」についてアンケート調査を実施し、2019年9月4日に結果を公表した。

   この調査から、多くの回答者が節約を心がけているが、中には極端な事例もあることがわかった。

  • メゾンエイブル「ひとり暮らし女性と実家暮らし女性の家計事情」
    メゾンエイブル「ひとり暮らし女性と実家暮らし女性の家計事情」
  • 実家暮らし女性の節約状況(第1回調査)
    実家暮らし女性の節約状況(第1回調査)
  • ひとり暮らし女性の節約状況(第1回調査)
    ひとり暮らし女性の節約状況(第1回調査)
  • 実家暮らし女性の節約状況(第1回調査)
    実家暮らし女性の節約状況(第1回調査)
  • ひとり暮らし女性の節約状況(第1回調査)
    ひとり暮らし女性の節約状況(第1回調査)
  • 1日の食事頻度(第2回調査)
    1日の食事頻度(第2回調査)

ひとり暮らし女性「食事の頻度について消極的」

   調査は2回に分けて行われた。有効回答は、1回目は770人(ひとり暮らし536人、実家暮らし234人)、2回目は708人(ひとり暮らし465人、実家暮らし243人)の国内在住の10~20代女性から得た。

   1回目の調査ではアンケートを実施し、ひとり暮らしの88%、実家暮らしの69%が「節約をしている」と答えた。また、「食費」を節約している人がひとり暮らしでも実家暮らしでも最も多いことがわかった。

   これを受けて2回目では、「1日の食事頻度」を調査。実家暮らしでは「1日3食」が60.9%、「1日2食」が26%、「1日1食」が0.4%、「食べたり食べなかったり決めていない」が9.4%。ひとり暮らしは「1日3食」が45.7%、「1日2食」が20.3%、「1日1食」が0.7%、「食べたり食べなかったり決めていない」が31.2%。メゾンエイブルは実家暮らしの女性よりひとり暮らしの女性が「食事の頻度について消極的」であると分析している。

   また、「具体的な節約方法」を尋ねたところ、「外食せず自炊する」「スーパーの特売日に大量購入する」「ポイントを貯める」といった回答が多かったようだ。

   ただ、中には生活を非常に切り詰めている人もいるという。

   「1日1食しか食べない」「お腹がすいたら調味料(マヨネーズやしょうゆなど)を摂取する」などで食費を削る人や、光熱費を削減するために「お風呂は週2回だけ」「遅い時間まで学校やバイト先にいる」「家にいてもエアコンや電気を点けない」という人もいた。実際に、「電気を点けずに生活をしていて家の中で怪我をした」回答者もいるようで、メゾンエイブルは「危険性の高い過度な節約が伺える調査結果となった」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!