2019年 11月 15日 (金)

白砂ビーチに温泉付き住宅でゆったり暮らす 「日本のハワイ」鳥取・湯梨浜町へ移住いかが

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「日本のハワイ」と呼ばれる場所を、ご存じだろうか。鳥取県の中央部に位置する湯梨浜町だ。

   みずみずしさが特徴の和梨「二十世紀梨」の名産地として知られているこの町で今、移住者が着実に増えているのだ。湯梨浜町の魅力に迫った。

4年間で既に727人が移住

   湯梨浜町は、日本海に面した北部には白砂が特徴の美しいビーチが広がり、町の中央にある「東郷湖」には「東郷温泉」「羽合(はわい)温泉」がある。町が「日本のハワイ」と呼ばれるのは、「羽合」の読み方にちなんだものだ。

羽合温泉(移住定住ガイドブックより)
羽合温泉(移住定住ガイドブックより)

   人口1万6550人(2015年国勢調査)の湯梨浜町は近年、働き盛りの若い世代をターゲットにした移住政策に力を入れている。

   具体的には、新規移住者や若者夫婦、子育て世帯に対する「住宅支援補助金」の給付や、起業者に向けた助成制度を充実させるなどして、町に住むことの魅力をアピールしてきた。

   町は15年度に策定した「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の中で、15年度から19年度にかけて合計850人の移住を目標に掲げていた。これまでの政策の成果もあり、18年度までの4年間で既に727人が移住している。

   移住に関するセミナーの情報はこちらから。

   住環境の整備も魅力的だ。東郷湖畔で開発が進められている「レークサイド・ヴィレッジゆりはま」は住宅地を中心に商業施設、福祉施設などが集積する予定のエリアで、現役世代から老後まで暮らし続けられる。19年10月現在では温泉付きの宅地も売り出し中だ。

レークサイド・ヴィレッジゆりはま完成イメージ(湯梨浜町HPより)
レークサイド・ヴィレッジゆりはま完成イメージ(湯梨浜町HPより)

「思い描いていた田舎そのものでした」

   実際に町に移住した人は、どんな生活を送っているのだろうか。

   漁師の朝日田卓朗さんは、かつて千葉県で会社員として働いていた。当時を「ゴミゴミした都会が苦手でした」と振り返り、「海があって、山があって、思い描いていた田舎そのものでした」と語る湯梨浜町に32歳で移住した。移住後は自身が「釣り好き」だったことをきっかけに3年間の漁業研修を受けると、その後漁師として独り立ち。町で出会った女性と結婚し、「もうサラリーマンに戻ろうとは思いません」と幸せぶりをアピールしている。

千葉県から移住した朝日田卓朗さん
千葉県から移住した朝日田卓朗さん

   朝日田さんのように出身地から別地方に移る「Iターン」で移住してきた人の中には、工芸家や「地域おこし協力隊」として働く人がいる。また、出身者が地域外から戻る「Uターン」では特産の梨農家に就農した人もいて、自由な働き方を受け入れる環境が町には揃っているのだ。

   こうした移住者の声を実際に聞くことができるイベント「ゆりはま移住セミナー」が、2019年10月30日に東京で、11月1日に大阪でそれぞれ開催される。セミナーでは町の紹介や移住者による「本音トーク」、実際に町を巡って魅力に触れる「ゆりはま巡りツアー」の紹介がおこなわれる。

移住セミナーの詳細はこちら

セミナーの東京会場は、東京・千代田区にある東京国際フォーラム・ガラス棟G404、大阪会場は大阪・北区の梅田阪急オフィスタワー26階3号会議室で、両会場とも18時30分~20時30分に開催する。(開場は18時)

主催は「生涯活躍ポータル カラフル」。
申し込み・問い合わせ電話番号は03-6634-9975。

申込フォームはこちら。

<企画編集:J-CAST トレンド編集部>

お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック