2020年 9月 26日 (土)

フル充電で約3日間暮らせる ホンダの電気自動車「Honda-e」が持つ防災機能

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ホンダは、2020年10月30日に発売予定の電気自動車(EV)「Honda-e」を使った未来の生活を想像できるプロジェクト「『with』Project・Honda-e」を8月27日に開始した。

   翌28日~30日にHondaウエルカムプラザ青山(東京都港区)で、プロジェクトの一環として「防災」をテーマにした「防災・with・Honda-e」の展示会を行った。

  • Hondaウエルカムプラザ青山に展示された「Honda-e」
    Hondaウエルカムプラザ青山に展示された「Honda-e」
  • 「Honda-e」に蓄電した電力を様々な機器に利用できる
    「Honda-e」に蓄電した電力を様々な機器に利用できる
  • 車内コンセントから電気ケトルに給電している様子
    車内コンセントから電気ケトルに給電している様子
  • 外部給電器を使い、実際に電子レンジと電気ケトルに給電している様子
    外部給電器を使い、実際に電子レンジと電気ケトルに給電している様子
  • Hondaの「防災安心セット」の内容
    Hondaの「防災安心セット」の内容
  • Hondaウエルカムプラザ青山に展示された「Honda-e」
  • 「Honda-e」に蓄電した電力を様々な機器に利用できる
  • 車内コンセントから電気ケトルに給電している様子
  • 外部給電器を使い、実際に電子レンジと電気ケトルに給電している様子
  • Hondaの「防災安心セット」の内容

災害で車内にとどまる際にバッテリーとして使用

   会場内では、展示されている「Honda-e」を用いた様々な防災機能が紹介された。例えば、急な災害で車内にとどまる必要がある場合などにバッテリーの電力を使用できるよう、100Vのコンセントを車内に装備。パソコンやスマートフォンのほか、電気ケトルのような小型家電にダイレクトに接続可能となっている。

   さらに外部給電器を用いて、人が集まる避難所のような場所でより多くの電力を利用することもできる。たとえば、同社の可搬型外部給電器「PowerExporter・9000」は100V×6、200V×1の計7つのコンセントを備え、同時出力が可能。スマホや小型家電はもちろん、200V出力でオフィス用エアコンや店舗用冷凍庫といった幅広い機器への電力供給に対応する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!