2020年 11月 28日 (土)

家にいたのに「不在票」で荷物受け取れず 宅配業者も再配達避けたいはずだが

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   「家に居たはずなのに、荷物の不在票が入っていた」。こんな不満が2020年9月30日、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」に書き込まれた。投稿主は「割とある」が、「家が狭いのでチャイムが聞こえなかったとかはありえない」と断言している。

   トピックには「あるある」という声が殺到。「チャイムも押さずに不在票を入れられた」との報告もあった。宅配業者にとって再配達は二度手間になるはずだが、なぜなのか。ヤマト運輸と佐川急便の二社に取材した。

  • 「家に居たはずなのに、荷物の不在票が」・・・なぜ?
    「家に居たはずなのに、荷物の不在票が」・・・なぜ?
  • 「家に居たはずなのに、荷物の不在票が」・・・なぜ?

佐川急便「業務怠慢で不在票投函は考えられません」

   佐川急便広報担当者は、J-CASTトレンドのメール取材に「不在票の投函は再配達となりますので、業務怠慢で不在票を投函することは考えられません」と答えた。もし、受取人が在宅していたにもかかわらず不在票が入っていたとすれば、

「チャイムを鳴らす、また、ノックをするなどの行為をしたが、何かの理由で荷受人様に気づいていただけず、結果として、不在と判断、不在票を投函してしまったと考えられます」

という。あくまでも不在票を投函するのは、配達員がチャイムやノックといった確認作業を行ったうえで「不在」と判断した場合というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!