2021年 5月 11日 (火)

音楽を図る機械、メトロノームの発明

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   音楽のテンポをはかる機械に、「メトロノーム」というものがあります。楽器を学んだことがある人なら、1度は使ったことがある定番の装置ですが、もっとも原始的なメトロノームは、振り子の往復運動を利用して、規則正しいリズムをカチカチ刻む仕組みになっています。

   現在では電子式のものも広く普及し、振り子式よりも大幅に小型化されましたし、スマートフォンの時代になってからは、メトロノームアプリも登場しています。それどころか「WEBメトロノームサービス」というものもあり、インターネットブラウザがあれば、どんなデバイスでもメトロノーム代わりになる、という時代が到来しました。

  • 現代の進化したメトロノーム。電子式(左)は旧来の振り子型より大幅に小型化され、今やスマホアプリ(右)も数多く存在する
    現代の進化したメトロノーム。電子式(左)は旧来の振り子型より大幅に小型化され、今やスマホアプリ(右)も数多く存在する
  • 現代の進化したメトロノーム。電子式(左)は旧来の振り子型より大幅に小型化され、今やスマホアプリ(右)も数多く存在する

自分の感じる「時間」を味わいたい

   以前にも取り上げたように、音楽におけるテンポは、人間的な感覚の「時間」から来ています。人間の体内時計では、1日は25時間のほうが良いそうで、現在我々は地球の公転から計算された1年、それを分割した1日、そしてそれを分割した1時間や1秒に「あわせて」生活していますが(しかも、天体の運行は微妙に端数が出るため、現在は原子時計の「1秒」を元にすべての時間が規定されています)、それは、人間が自分の中に感じる「時間」ではなく、宇宙や地球の時間の「速さ」に自らを合わせているに過ぎません。だからこそ、人間の創造力で作られる音楽では、その速度を「速さ」とは言わずに、「テンポ=時間」と表現するわけです。自分の感じる時間を味わいたい、そんな動機が音楽を作る原動力のひとつなのかもしれません。

   古代から中世そして近代に至っても、人々は通常の生活時間でさえ、それほど正確な時計を必要としませんでした。音楽においても、テンポは機械で計測されるべきものではなかったのです。今でも、音楽の速さに関する楽語はアバウトなもので、演奏家の裁量の余地がかなり残されています。さらに、数百年前と現代では日常の時間感覚も違うので、おそらく同じ楽語、たとえば「アレグロ=速く」と書かれていても、昔と今では解釈は異なる可能性もあります。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!