2021年 3月 1日 (月)

アニメの先駆者「川本喜八郎+岡本忠成」展 国立映画アーカイブで

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   アニメファンにとっては見逃せない展覧会が始まる。「川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020」。立体を使った偉大なアニメーション作家として一時代を築いた二人の足跡を人形や絵コンテなど様々な資料でたどっている。

   会場と主催は東京・京橋の国立映画アーカイブ。会期は2020年12月19日から21年3月28日。

対照的な二人

   川本喜八郎(1925-2010)と岡本忠成(1932-1990)。二人は、日本のアニメーション映画、とりわけストップモーション撮影による立体アニメーションの分野でそれぞれ類なき功績を残した。

   映画界の美術スタッフだった川本は、のちに人形映画の先進国チェコスロヴァキアで学び直した。自らの生み出す端正なキャラクターに魂を吹き込み、生涯を人形に捧げた求道者として、テレビの歴史人形劇や外国との合作にも力を注いだ。NHKのテレビ人形劇『三国志』(1982~84年)や『平家物語』(1993~95年)はあまりにも有名だ。

   一方の岡本は大阪大学法学部卒業。その後、日本大学芸術学部映画学科でも学ぶ。子どもたちに照準を合わせた岡本は、平面・立体・半立体を自在に使い分け、木・皮・布・毛糸・紙・粘土など多様な素材をアニメートして、主に教育映画の分野で創造性を発揮した。 7歳の差はあったが、よきライバルであり、互いのよき理解者でもあった。

「注文の多い料理店」を完成させる

   1970年代には、互いの作品上映と人形劇を組み合わせた公演「川本+岡本 パペットアニメーショウ」を共同で企画、 6回にわたって開催し大きな話題を集めた。「パペットアニメーショウ」とは、「パペットアニメーション(人形アニメーション)」と「パペットショウ(人形劇)」を組み合わせた造語だ。80年まで6回開催されて好評を博した。

   後年、岡本の他界により制作が中断した「注文の多い料理店」(1991年)を完成に導いたのは、ほかならぬ川本だった。

   国立映画アーカイブは、フィルムセンター時代の2004年に展覧会「岡本忠成 アニメーションの世界」を企画、また二人の師・持永只仁を顕彰する展覧会も17年に開催している。そして川本の没後10年、岡本の没後30年となる2020年、再びこの分野に光を当て、人形をはじめとする撮影素材や作品制作のための様々な資料を展示し、二人の友情の象徴である「パペットアニメーショウ」の名を冠してその足跡をたどる。

   展覧会は以下の構成。

第1章 修業時代
第2章 川本喜八郎 アニメーションの仕事
第3章 岡本忠成 アニメーションの仕事
第4章 「川本+岡本 パペットアニメーショウ」の時代
第5章 『注文の多い料理店』とその後

問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル)。詳細は公式ウェブサイト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!