2021年 2月 26日 (金)

目玉焼きは「両面焼き」にすると新たなおいしさ ソースかけて「お好み焼き」風に

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「目玉焼きを両面焼きにしてから世界変わった」

   インターネット上の書き込みだ。目玉焼きは片面だけを焼くイメージが一般的だろうが、両面を焼いて食べる方法もあるという。「世界が変わる」ほどの味とは――実際に作ってみた。

  • 卵の両面を焼いて作る「両面焼き」
    卵の両面を焼いて作る「両面焼き」
  • 卵の両面を焼いて作る「両面焼き」

片面焼きにはない「ふわっ」とした食感

   材料は卵と油のみ。熱したフライパンに大さじ一杯程度の油を引いて、通常の目玉焼きを作る。火加減はごく弱火で、蓋をして3分程度じっくり蒸した。その時点では黄身は半熟。恐る恐るひっくり返すと、こうなった。

片面を蒸し焼きにし、ひっくり返した状態
片面を蒸し焼きにし、ひっくり返した状態

   また蓋をし、さらに2~3分蒸し焼きにして完成だ。塩こしょうでシンプルに味付けして食べた。片面焼きにはない「ふわっ」とした食感と、若干とろりとした黄身のまろやかな味わいがいい。

油大さじ1杯で、一度だけ裏返して作った「両面焼き」
油大さじ1杯で、一度だけ裏返して作った「両面焼き」

   ただ「世界が変わった」レベルには、やや物足りない。工夫できる余地はないだろうか...。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!