2021年 10月 26日 (火)

「てんかん」について知ろう 急に「発作」が起きても落ち着いてサポートを

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   毎年3月26日は「パープルデー」だ。国際的なてんかん啓発の日として、日本では一般社団法人 Purple Day Japanがイベント企画などを行っている。

   製薬会社ユーシービージャパンは「パープルデー」に合わせて、てんかんの疾患啓発を目的としたプレスセミナーを2021年3月24日に東京都内で開催した。てんかん領域の第一人者である新宿神経クリニック院長・渡辺雅子氏が登壇し、治療方法や患者とその周囲の人が気を付けることなどをテーマに講演した。

  • てんかんのプレスセミナーで解説する新宿神経クリニック院長・渡辺雅子氏
    てんかんのプレスセミナーで解説する新宿神経クリニック院長・渡辺雅子氏
  • セミナーはオンラインでも配信された
    セミナーはオンラインでも配信された
  • てんかんのプレスセミナーで解説する新宿神経クリニック院長・渡辺雅子氏
  • セミナーはオンラインでも配信された

国内では毎年約5万7000人発症

   てんかんは慢性の脳疾患で、神経細胞「大脳ニューロン」が過剰に興奮することで反復性の発作が起きる。日本神経学会では「発作は突然に起こり普通とは異なる身体症状や意識、運動及び感覚の変化などが生じる」と定義している。

   国内では毎年約5万7000人の発症が確認されており、世界での有病者数は6500万人にのぼる。脳に何らかの障害や傷があり、それが原因となる場合や、調べても原因不明の場合も。発症はあらゆる年代でみられ、現在は健康でも今後患う可能性は誰にでもある。渡辺院長によると、最近では高齢になって発症する例も増えているそうだ。

   発作には大きく分けて脳の一部が興奮する「部分発作」と、脳の大部分がいっせいに興奮する「全般発作」がある。発作は突然起きる。目の前にいる人が急にけいれんし、意識もうろうとなれば、どうするだろう。多くの人は、慌てて救急車を呼んでしまうのではないだろうか。

   ただ、てんかんの発作は1分~数分で自然に収まるため、救急車を呼ぶ必要は基本的にはない。大切なのは、発作が起きた際に安全を確保し、冷静にサポートすることだ。ケガをしないようにモノをどける、火や水など危険な場所から遠ざける、衣服の襟元をゆるめ、ベルトをはずすなどが挙げられる。

   渡辺院長は、落ち着いて対応するためにもまずは正しく「知ること」が重要だと強調した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!