2021年 5月 9日 (日)

パソコンや家電は「コロナ特需」 3度目の緊急事態宣言ではどうなる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コロナ禍にもかかわらず、この1年、売れに売れした商品がある。パソコンだ。前年に比べて5割以上の伸びだという。巣ごもり需要で、いわゆる白物家電も絶好調。3度目の緊急事態宣言で「特需」はさらに続くのか。

  • 在宅勤務が増え、ノートパソコンの需要が激増
    在宅勤務が増え、ノートパソコンの需要が激増
  • 在宅勤務が増え、ノートパソコンの需要が激増

ノートパソコンは5割超の増加

   電子情報技術産業協会(JEITA)によると、2020年度のパソコンの国内出荷台数は、前年度比27.5%増の1208万3000台。とりわけノートパソコンの伸びは目覚ましく、1077万5000台。前年度に比べて56.1%も増加した。出荷台数が1000万台を超えるのは初めてだという。

   パソコンは、ズームなどを利用するテレワークの必需品。スマホだけでは社内外とのつながりが保てず、仕事にならない会社が多い。さらに政府の「GIGAスクール構想」も需要を後押ししたという。小中学生に1人1台のパソコンなどを配備備するという政策だ。


   白物家電といわれる冷蔵庫や洗濯機なども買い替え需要などで売れた。日本電機工業会によると、20年度の国内出荷額は、前年度比6.5%増の2兆6141億円。中でも空気清浄機は前年度から倍増の1094億円。薄型テレビも、6年ぶりに出荷台数が500万台を突破したという。

   ゲームのソフトやハードも好調が伝えられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!