2021年 9月 21日 (火)

東京五輪興味ないのに 「なぜ見ない」「選手に申し訳ないだろ」と責められて

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本中が東京オリンピック(東京五輪)に熱狂している。その一方で、興味をもたずに競技を見ていない人も中にはいるだろう。

   連日大盛り上がりの中、テレビで試合観戦している人とそうでない人の間に、温度差が生まれているようだ。

  • 東京五輪、興味ないのに見なきゃだめ?
    東京五輪、興味ないのに見なきゃだめ?
  • 東京五輪、興味ないのに見なきゃだめ?

同僚との会話に入っていけない

   世間で何かが話題になったとき、そのブームに便乗しない人に茶々を入れる風潮はこれまでにもあった。「鬼滅の刃」が流行したときには、「キメハラ」なるワードが誕生。同作を「つまらない」と批判しづらい空気が漂い、「早く見ろよ」と映画の鑑賞を強要された人がいた。

   今回の東京五輪でも、似たような事態が起きている。ツイッターには「オリンピックハラスメント」(オリハラ)との言葉を用いて、どうして見ていないのか、選手に申し訳なくないのか、などと責められるような目にあったとの書き込みがある。

   J-CASTトレンドは、東京五輪を見ていない会社員の男女3人に、このことで困った経験を聞いた。

「同僚との会話に入っていけない」

   そう漏らすのは、20代男性だ。スポーツ自体に関心がなく、今回に限らず今まで五輪はほとんど見たことがないという。現在週3回出社しているが、「オリンピックが始まってから、出社するたび周りが盛り上がっていて、全然ついていけない」。先日、職場の先輩から五輪の話を振られた。男性が「見ていない」と話すと「ええ、なんで!見ようよ」と言われたそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!