2021年 9月 22日 (水)

コロナ感染拡大は子どもにも  9月の新学期前に暗い影落とすデルタ株

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスが世界的に急拡大し、各国が対応に追われている。中でも、これまでコロナにかかりにくいと言われていた子どもたちにも感染が広がっていることが新たな脅威となっている。12歳未満の子どもはワクチン接種の対象外。それだけに米国や韓国では、9月からの学校再開を心配する声も出ている。

  • 新学期を前に不安が募る
    新学期を前に不安が募る
  • 新学期を前に不安が募る

6月下旬比で11倍

   日本経済新聞は2021年8月11日の夕刊1面トップで、「米、子供の感染拡大、全体の15%に」と、米国で子どもに感染が拡大していることを伝えた。「学校再開に危機感」が広がっているという。

   同記事によると、米国では7月に入り子どもの感染が拡大し、8月5日までの1週間で新規感染者が約9万4000人に上った。6月下旬比で11倍だという。入院患者全体に占める比率も数%になり、教職員や保護者、医療関係者の間では、子どものコロナ感染に対する懸念が高まっていると伝えている。すでに学校が再開したミシシッピ州では、生徒の感染が増えているという。

   韓国情報を伝えるメディア「WoW!Korea」は12日、「新型コロナウイルス感染者2200人超え...登校は問題ないのか」という記事を公開している。韓国では過去最高の感染者となっているものの、2学期の授業は規制を強化しない形で始まる見込みらしい。

   これに対し、インターネット上では、「子どもたちはワクチン接種さえ受けられない」「登校に対する選択権を与えてほしい」のほか、「学校が安全かつしっかりと感染症対策を行っていると言っているが、私たちの学校や近隣の学校でも感染者が出ている状況だ。今、この状況で登校を強行するのは生徒とその家族、周囲の人を危険にさらすことだ」などの声が出ているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!