2022年 7月 7日 (木)

「Oculus Quest2」ヘッドセット着けただけで別世界 VRの旅が始まった

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

安全に遊ぶために必要な「ガーディアン」

   続いてヘッドセットの準備だ。目の位置に合うように、レンズの幅を変える。

レンズを中央に寄せた状態(上)、外側に寄せた状態(下)
レンズを中央に寄せた状態(上)、外側に寄せた状態(下)

   記者はメガネをかけているので、スペーサーをレンズと目の間に置く。ヘッドセット両脇のストラップを調整したら、装着した後で、おでこ辺りにある真ん中のストラップを引っ張って、ずれないよう頭の形に合わせる。ピントが合えばOKだ。

   ...うーん、着けた瞬間はそこまででもなかったが、ヘッドセットの重みも相まって、ストラップをいじっても目まわりのしめつけ感が強いような。メガネフレームが厚いからか。

東さん「最近では、ヘッドセットにあわせてフレームを改良したVR用メガネも出てきています。装着感の善し悪しは重要なので、気になるなら購入検討してもいいかもしれませんね」

   ひとまず自前のメガネでも見え方に問題はない。よし、今度こそ遊ぶぞ!

東さん「もう一つ、やることがあります! ガーディアン設定が必要です」
記者「ガーディアン? 守護霊のような存在を召喚できるんですか?」
東さん「確かに、プレイヤーを守ってくれるという意味では間違っていないですね。要は、安心して遊べる『プレイエリア』を決めておいてね、と言われているんです」

   ヘッドセットを着けている間は、現実が見えづらい。例えば「VR空間では先へ進めるはずなのに、リアルでは壁だった」といった現象が起きる。人や物に激突したり、段差に気付かず、つまずいて転んだりする恐れがある。コンテンツに夢中になっている時は尚更だ。

   そこでコントローラーを使い、床の高さを計測したり、「この範囲は自由に動き回って良い場所」を区切ったりするのが、ガーディアン設定だ。枠外に出そうになると、VR上で警告される。

VR上でしか見えないレーザーポインターで境界線を引き、空間を縁取るようなイメージ
VR上でしか見えないレーザーポインターで境界線を引き、空間を縁取るようなイメージ

   その他、遊ぶ時に立つか、座るかを任意で選べる。今回は立った状態でやってみよう。

東さん「いよいよ、VR空間に旅立つ時が来ました。動いた弾みでコントローラーを手放さないように、ストラップをしっかり手首につけてくださいね。それからガーディアン設定をしているとはいえ、現実空間にある障害物をできるだけ取り除いておくのを忘れずに!」
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!