2021年 12月 6日 (月)

中国EV車が日本にやってくる 実は世界最大の自動車生産国

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   多くの日本人にとって、気になるニュースが2021年10月12日、日経新聞の一面トップで報じられた。「中国、商用EVを対日輸出 東風など1万台、日本に競合なく」。要するに中国が日本に、商用の電気自動車販売で攻勢をかけているというのだ。SNSでは早速「悲報」の声が上がった。

  • 世界ではガソリン車からEVへのシフトが進む
    世界ではガソリン車からEVへのシフトが進む
  • 世界ではガソリン車からEVへのシフトが進む

国内市場を奪われかねない

   日経新聞によると、中国の自動車大手、東風汽車集団のグループ会社が、すでに日本の物流大手のSBSホールディングスに1トン車のEVトラックの供給を始めている。SBSは2030年までに、別の中国メーカーの1.5トン車と合わせて計1万台の供給を受けるという。

   中国・比亜迪(BYD)は、現価格帯の4000万円から4割値下げした大型EVバスの販売を進めている。30年までに2000台を日本で販売する。

   商用車とは主に業務用で使われる車両のこと。佐川急便も来年以降、広西汽車集団から7200台のEV軽自動車の供給を受けるとのことだ。

   同紙によると、世界的な脱炭素の動きを受け、物流大手はEVシフトに動いている。しかし、日本車メーカーの取り組みが遅れており、価格の安い中国車を選んでいるという。「出遅れた日本車メーカーは早期に巻き返さないと国内市場を奪われかねない」と同紙は危機感をあらわにしている。

   この報道を受けて、SNSではさっそく、「バス、タクシー、宅配便は全部中華EVへ」「5年後くらいには商用車の市場、割と中国車が乗っ取ってそうだよな」「日本が中国EV車にお株を奪われる事態になろうとは...」など、心配するツイートがあふれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!