2022年 1月 29日 (土)

ファーウェイはZ世代女性ねらう ディオールの口紅「999」のようなイヤホン

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

   米国の規制でスマートフォン(スマホ)生産が難しくなり、日本であまり話題にならなくなったファーウェイが、「Z世代」「女性」をターゲットにしたイヤホンをクリスマス商戦に投入した。

   見た目は完全に高級コスメで、中国では「ディオールの口紅の定番カラー999みたい」と盛り上がっている。

   ファーウェイが発売した完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds Lipstick」は、商品名が示す通り口紅のような外観をしている。筆者も10日ほど利用しているが、パッと見てイヤホンだと分かった人は周囲にいなかった。

   ボディーはステンレス製で高級感を出し、商品が入ったギフトボックスには香りをつけるなど、完全に「クリスマスコフレ」仕様だ。

   技術力をウリにするファーウェイとあって、内耳の形状と装着方法を自動で判断し、最適なノイズキャンセリング・モードにする機能や、2台のデバイスに同時接続し、「PCで作業をしていたら、スマートフォンに電話がかかってきた」というような場面で使用するデバイスに自動で切り替わる機能など、最新技術も詰め込んだ。

  • 11月末に東京・神田で行われた新商品展示会でも、「FreeBuds Lipstick」は女性を意識した装飾が施された
    11月末に東京・神田で行われた新商品展示会でも、「FreeBuds Lipstick」は女性を意識した装飾が施された
  • デザイン、使いやすさ、最先端の機能の全てを追求したという
    デザイン、使いやすさ、最先端の機能の全てを追求したという
  • 11月末に東京・神田で行われた新商品展示会でも、「FreeBuds Lipstick」は女性を意識した装飾が施された
    11月末に東京・神田で行われた新商品展示会でも、「FreeBuds Lipstick」は女性を意識した装飾が施された
  • 11月末に東京・神田で行われた新商品展示会でも、「FreeBuds Lipstick」は女性を意識した装飾が施された
  • デザイン、使いやすさ、最先端の機能の全てを追求したという
  • 11月末に東京・神田で行われた新商品展示会でも、「FreeBuds Lipstick」は女性を意識した装飾が施された

スマホの「学級委員長」がイメチェン

   ファーウェイのスマホシェアが急伸し、アップルを抜いて世界2位に浮上しようとしていた数年前、20代の中国人に主要スマホメーカーのイメージを聞いたことがある。いわく、

・アップルは海外からのイケメン転入生
・サムスンは自分を裏切った親友(当時、スマホの発火事故で信用を落としていた)
・ファーウェイは学級委員長
・シャオミは運動部のキャプテン
・OPPOはクラスのお調子者
との評だった。

   実際のユーザー層データでは、OPPOが大学生を中心とした若者に、シャオミはガジェット好きの男性に、そしてファーウェイはビジネスパーソンに人気を集めていた。

   そのファーウェイが、女性に特化した商品を出すのは、おそらく2つの理由がある。

   一つ目は日本でも大きく報道されている通り、米国の半導体輸出規制などによって同社がスマホの量産をほぼ断たれた状態にあることだ。2019年に約2億4000万台を出荷し世界2位のシェアを誇っていたのが、2020年は3位に後退、2021年の出荷台数は1億台を割り、トップ5から脱落する可能性が高い。

   ファーウェイはスマホの穴を埋めるため、産業向け5Gソリューション、自動車ソリューションなど新規事業に注力しているが、コンシューマー分野での存在感も維持したいだろう。スマホというキラーコンテンツを奪われたファーウェイにとって、「FreeBuds Lipstick」はインパクトが強くメッセージを一目で伝えられる商品になる。

   もう一つの背景は、2021年の中国で「Z世代・女性消費」が大きなトレンドになったことだろう。 中国都市部の高収入女性は、キャリアや結婚のプレッシャーが大きい一方で、「家を買わないと結婚できない」男性よりは趣味や自己投資に使えるお金が多い。女性がストレスを解消するための「ご褒美消費」「癒やし消費」でフィギュアやペットビジネス、果実酒など低アルコール飲料市場が急成長しており、どの企業にとってもZ世代の女性を取り込むことが成長の鍵になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!