2022年 5月 23日 (月)

オミクロン感染予防やっぱりマスク最強説 家庭内着用で7割ストップ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   オミクロン株による新型コロナウイルスの拡大が止まらない。感染経路としては「家庭内」が半数という調査結果もあり、これまで以上に、家庭での予防策が大事になっている。「家庭内でもマスク」を推奨する自治体や専門家も目立つようになっている。

  • 一般的なマスクの中では、不織布マスクの効果が最も高い
    一般的なマスクの中では、不織布マスクの効果が最も高い
  • 一般的なマスクの中では、不織布マスクの効果が最も高い

念には念を

   鳥取県は新型コロナウイルスの特設サイトで、「家庭内でもオミクロン株に注意して感染対策の徹底を」と呼び掛けている。

「親族や友人など親しい間柄との家庭内での飲食の場で感染が確認されています。家庭内においても、会話時のマスクの着用など感染対策の徹底をお願いします」
「親しき仲にもマスクあり――十分な距離が取れない時、会話時は、家庭内でもマスクを着けましょう」

   鳥取県の調査では、感染経路最も多いのは家庭で、34%を占めている。

   家庭内でもマスクの着用を要望する自治体はこれまでにもあった。大半は、同居者が感染したり、本人自身が感染の疑いがあったりするケースだった。鳥取県は「オミクロン」の感染力の強さをもとに一歩踏み込んでいる。

   医療専門家の中にも、「おうちマスク」を呼び掛けている人もいる。産経新聞は13日、「感染経路の半数『家庭内』 家でも不織布マスク、寒くても換気」という記事を公開している。

   記事中で東京医科歯科大病院の具芳明医師は、オミクロン株の感染力を念頭に、「家庭に持ち込めば確実に二次感染すると思った方がいい」と強調。対策の一つとして、「家族でも対面するときには可能な限り不織布(ふしょくふ)のマスクを着用する」ことを推奨している。「わずかな体調の変化があれば、他の家族とは距離をとるなど警戒する必要がある」と語っている。

   東京都の調査では感染経路の半数が「家庭」となっている。とくにオミクロン株では児童や生徒の感染が、これまでのコロナ以上に多い。そのため、家庭内で子どもから親への感染が多発していることが指摘され、家庭での対策が重要になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!