2022年 5月 22日 (日)

ゲームは週末1日1時間だけ 大型連休中は解放されるが子どもたちは不満

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   中国は2月1日に春節(旧正月)を迎えた。2022年のカレンダーでは1月31日(大みそかに相当)~2月6日が祝日となっており、子どもたちにとっては、その間にどれだけゲームができるかが最大の関心事になっている。

   というのも中国は2021年8月30日、子どものゲーム依存を防ぐために「未成年(18歳未満)のプレイ時間を金、土、日の各20~21時の1時間」に限定する規制を導入したからだ。年末年始の休み期間くらいは、遊べる時間が長くなることを期待する子どもは少なくない。

   大ヒットスマホゲーム「王者栄耀」の開発元で、世界最大のゲーム会社であるテンセントゲームズは子どもたちの願望を見透かしたように、「1学期にわたってゲームを制限された子どもたち。春節休みは思い切り遊ぼうと気合が入っているかもしれない。今のうちに遊べる時間を確認しておいてください」と、「ゲーム解禁カレンダー」を公表した。

  • テンセントゲームズが「ゲーム解禁カレンダー」を公表
    テンセントゲームズが「ゲーム解禁カレンダー」を公表
  • テンセントゲームズが「ゲーム解禁カレンダー」を公表

ゲーム会社が「やり過ぎ注意」呼びかけ

   テンセントゲームズによるとカレンダーで数字の背景が赤くなっているのが、未成年がゲームでログインできる日で、時間は20時から21時の1時間だ。 1月31~2月6日の春節休み期間は1日1時間ながら毎日遊べる。

   注意が必要なのは、1月29、30日が週末にもかかわらずプレイできない点だ。実は中国は大型連休の前後の土日は「振替平日」になる制度があり、通常3連休のときは前後の土日のうちいずれか1日、春節と国慶節の7連休は2日が平日扱いになる(留学や仕事で中国で暮らすようになった日本人は非常に戸惑い、慣れるまで数年かかる)。

   暦上平日扱いの日は、ゲームも禁止されるというわけだ。

   テンセントゲームズは、父母、祖父母など他人のIDや携帯番号でログインすることをいさめ、「私たちは24時間体制で顔認証をしている」と警告し、「冬休みはゲームであまり遊ばず、新学期にしっかり頑張って!」と締めくくった。

   同社がゲーム会社なのに子どもたちにゲームをやり過ぎないよう呼び掛けざるを得ないのは、中国当局のゲーム産業への圧力が強まる一方だからだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!