2022年 5月 24日 (火)

北京五輪「金メダル」ご褒美いくら 日本は500万円、報奨金ゼロの国も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   北京冬季五輪も終盤に入り、メダルのことが話題になっている。各国の獲得数のみならず、金や銀、銅のメダル獲得した選手は、いくらの報奨金をもらえるのか――。参加国によって大差があるようだ。

  • 北京冬季五輪スノーボードハーフパイプ男子で金メダルに輝いた平野歩夢選手(写真:アフロスポーツ)
    北京冬季五輪スノーボードハーフパイプ男子で金メダルに輝いた平野歩夢選手(写真:アフロスポーツ)
  • 北京冬季五輪スノーボードハーフパイプ男子で金メダルに輝いた平野歩夢選手(写真:アフロスポーツ)

「私の人生が変わるだろう」

   韓国のハンギョレ新聞は2022年2月16日、「ハンガリー初の金メダル、報奨金は1900万円...1位ノルウェーは0円」という記事を報じている。

   ハンガリー初の個人種目で金メダルを獲得したのはリュー・シャオアン選手。ショートトラック男子500メートルで優勝した。さらに混成リレーと1000メートルで銅メダルを獲得した。

   米CNBC(電子版)2月14日付記事によると、ハンガリーは今回の冬季五輪金メダリストに16万8000ドル(約1900万円)、銀メダリストに12万6000ドル、銅メダリストに9万6000ドルを授与する。金メダル1個、銅メダル2個を獲得したリュー選手は36万ドル(約4100万円)以上の報奨金が予定されている。ロイターなどとのインタビューで「家に帰れば私の人生が変わるだろうと思う」と語ったという。

   CNBCは、国別のメダル報奨金額を掲載。金メダルの報奨金はシンガポール(73万7000ドル)、カザフスタン(25万ドル)、マレーシア(23万6000ドル)、イタリア(21万3000ドル)が多い。そのほか、ブラジルは4万9000ドル、日本は4万5000ドル、カナダは1万6000ドル。

   冬季スポーツ強国は金メダルの報奨金は少ない。「フォーブス」によれば、オランダは3万4000ドル、ドイツは2万2000ドル、オーストリアは1万9000ドル。米国も3万7500ドルで、さほど多くない。

   16日17時現在で北京大会メダル順位1位(金12、銀7、銅8)を走っているノルウェーは、メダル報奨金自体がない。英国とアイスランドも同じだ。デンマークは金メダリストに1万5000ドルの報奨金を授与する上に免税の恩恵がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!