2022年 6月 27日 (月)

横浜中華街で最古の中国料理店が閉店 明治時代オープン「聘珍樓 横濱本店」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中華の名店「聘珍樓(へいちんろう)」は「聘珍樓 横濱本店」を2022年5月15日で閉店する。3月7日に発表した。

   創業1884(明治17)年で、現存する日本最古の中華料理店。本店は日本最大の中華街「横浜中華街」の「中華街大通り」に面している。

  • 横浜中華街の聘珍楼が閉店
    横浜中華街の聘珍楼が閉店
  • 横浜中華街の聘珍楼が閉店

「一旦クローズ」→新店舗への移転準備

   4大中華の1つ・広東料理を提供する老舗本店の閉店にツイッター上では、料理名などをあげて嘆いたものや、驚きの声が投稿されていた。

   横浜開港は1859年で、横浜中華街もこの頃から形成されていく。1894年の日清戦争や、1923年の関東大震災などを乗り越えてきた。

    横浜中華街公式サイトによると、グルメの街になったのは近年。開港当時の中華料理店は数えるほどだったという。1972年の日中国交正常化とともにパンダフィーバー、中国ブームが訪れた。こうした中で、グルメブームも巻き起こり、横浜中華街は食の街として確立したそうだ。2010年6月時点で、雑貨店などを含めた消費者向けの総店舗数は620店、中華料理店だけで226店にのぼる。聘珍樓は、その長い歴史を見守ってきたことになる。

   公式サイトのお知らせによると、本店は「一旦クローズ」。現在新店舗への移転を準備しているとのことだが、詳細な理由や移転先や日付などの案内はされていない。

   なお、横浜中華街・善隣門横にある聘珍楼の中華ファストフード店「聘珍茶寮 SARIO」と1階に併設の売店、カフェは営業を続ける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!