2023年 1月 29日 (日)

「スシロー」テイクアウト専門店に異変 「To Go」ブランドこの夏7店閉店

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   回転ずしチェーン「スシロー」のテイクアウト専門店「スシロー To Go」計7店舗が、2022年7月1日〜8月10日に閉店する。うち6店舗は、関東地方にある。

   「スシロー To Go」はスシローブランドの新業態で、昨年始まったばかり。J-CASTトレンドは、同ブランドを展開する「FOOD&LIFE COMPANIES(フードアンドライフカンパニーズ)」(大阪府吹田市)に取材した。

  • 「スシロー To Go JR 我孫子駅店」外観(イメージ)・2021年2月22日付プレスリリースより
    「スシロー To Go JR 我孫子駅店」外観(イメージ)・2021年2月22日付プレスリリースより
  • 「スシロー To Go JR 我孫子駅店」外観(イメージ)・2021年2月22日付プレスリリースより

今年5月には全国27店舗

   取材に答えた同社広報課によると、「スシロー To Go」は2021年2月に1号店を出店。今年5月には、最多となる全国27店舗を展開していた。

   2022年5月6日付の、同社22年度上半期決算資料によると、「関東の店舗(18店・22年3月末時点)をダブルブランド『スシロー×京樽』に転換」とある。「スシロー×京樽」とは、21年7月に誕生した持ち帰り専門店だ。「スシロー To Go」同様に新ブランドで、テイクアウト専門なのも同じだ。広報課は転換理由について、

「2021年に仲間になった京樽の持つ船橋市にある(設備の)セントラルキッチンを活用して商品を作成し、京樽伝統の上方鮨も同店舗で販売することでシナジーが生まれるため」

と説明。また、「一部店舗は総合的に判断し、転換せず閉店を予定しております」と答えた。

   なお、関西エリアでも「スシロー To Go」2店舗が7月19日までに閉店済み。8月10日には堺東駅前店が閉店するが、これらは、「総合的に判断」した結果だという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!