2024年 3月 4日 (月)

カンタン時短「離乳食作り」 洗い物少なく、一気に何種類も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

【連載:アイラップなライフハック(34)】

冷凍保存や熱湯ボイル、レンチンにも対応する袋のラップ「アイラップ」。これ一つでパラパラチャーハンやサラダチキン、スイートポテトまで、あらゆる料理を作れる。さらに足冷え対策グッズや、ペットの遊具など、多くのツイッターユーザーが日々さまざまな活用法を編み出している。 20万フォロワーを抱えるアイラップ公式ツイッターアカウント担当者「ラプ子」が、目からウロコの「アイラップ活用ツイート」を厳選。「あっぱれ」ポイントを解説する。
  • J-CASTトレンド記者がアイラップで作った離乳食
    J-CASTトレンド記者がアイラップで作った離乳食
  • 加熱ができる特性を生かし、アイラップで離乳食作り
    加熱ができる特性を生かし、アイラップで離乳食作り
  • J-CASTトレンド記者は、アイラップに食材を入れて「湯せん」で作った
    J-CASTトレンド記者は、アイラップに食材を入れて「湯せん」で作った
  • J-CASTトレンド記者がアイラップで作った離乳食
  • 加熱ができる特性を生かし、アイラップで離乳食作り
  • J-CASTトレンド記者は、アイラップに食材を入れて「湯せん」で作った

調理、洗い物の負担大幅減

   離乳食。作っているのを見たことがあり......切ったり、つぶしたり、すりおろしたりと「これは大変な作業だ」と感じました。

   やはり手作りだと、食品添加物などに目が届きやすく安心ですが、手間がかかる割にすぐに使い切ってしまうし、赤ちゃんの面倒を見ながらだと、調理や洗い物の負担がとてもかかります。

   そこでオススメしたいのが、「アイラップ」を活用した離乳食作りです。

   作り方はカンタン。離乳食にしたい食材を手頃な大きさに切り分け、アイラップに入れて、湯せんや電子レンジで加熱してつぶすだけ。急ぎの時は、袋のまま流水で冷やして適温にできます。食材は特に、ニンジンやジャガイモ、カボチャなど、繊維が少ない野菜がオススメです。

   アイラップは冷凍も可能なので、食材を平たく伸ばして冷凍すれば、必要な時にパキッと割って使えます。また、冷凍する前に(平たく伸ばした状態)板チョコ状にくぼませておけば、割りやすいうえに、残り数の管理もしやすいです。

   洗い物を減らせて、時短にもなる「アイラップを活用した離乳食作り」。加熱ができる特性を生かしたライフハック、さすがです......!

○注意○
あくまでユーザーの活用事例の紹介です。本来の用途外使用において発生した事故および不具合について、岩谷マテリアル株式会社は責任を負えません。あらかじめご了承願います。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!