2024年 2月 29日 (木)

「ラッコ」国内の飼育数わずか3頭 日本の水族館で見られなくなるかも

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「鳥羽水族館」(三重県鳥羽市)のラッコ「キラちゃん」の新技が、ツイッターで話題だ。かわいらしい姿で人気のラッコは、2022年頭には国内3施設・4頭まで数を減らし、10月21日現在は3頭しかいない。ピーク時には飼育数が120頭を超えていたとされる。

   絶滅危惧種に指定されているラッコ。このまま日本の水族館から姿を消す恐れがある。

  • ピーク時には飼育数120頭が3頭まで減少
    ピーク時には飼育数120頭が3頭まで減少
  • ピーク時には飼育数120頭が3頭まで減少

3頭が「最後」になる可能性

   「須磨海浜水族園」(神戸市)で生まれた、国内最高齢だったメスのラッコ「明日花」は今年5月10日、引っ越し先の「鴨川シーワールド」(千葉県鴨川市)で死んだ。老衰だった。実は21年5月9日にも、須磨海浜水族園で飼育し、鴨川シーワールドに引っ越していたオスの「ラッキー」が老衰で死んでいる。

   現在国内で飼育されている3頭のうち、2頭は前述の鳥羽水族館に、もう1頭は「マリンワールド海の中道」(福岡市)にいる。将来、ラッコを国内の水族館で見られなくなるのか。「マリンワールド海の中道」のラッコ飼育担当者に取材した。

   水族館では、現在の3頭が今のところ「最後」になる可能性が高いようだ。飼育環境で個体数が増える見込みについては、「なんとも言えない状態」と言う。

   前提として、日本で飼育されるラッコは輸入されてきた経緯がある。しかし「絶滅の恐れがある」として、ワシントン条約で国際取引が規制され、1998年に米国がラッコの輸出を禁止した。2000年には、前述の通り絶滅危惧種に分類された。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!