2024年 2月 26日 (月)

多摩動物公園のタスマニアデビル死ぬ 国内飼育は残り1頭しかいない

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   オーストラリアに生息する絶滅危惧種「タスマニアデビル」。日本国内では「多摩動物公園」(東京都日野市)でのみ飼育されているが、2023年1月2日にオスの「ダーウェント」が死亡した。

   都建設局と東京動物園協会の1月6日付発表によれば、国内の飼育状況としては、ダーウェントを除いてオス1頭のみとなっている。

  • タスマニアデビルの「ダーウェント」 (2022年8月29日撮影、写真は東京都建設局と東京動物園協会の2023年1月6日付発表資料から)
    タスマニアデビルの「ダーウェント」 (2022年8月29日撮影、写真は東京都建設局と東京動物園協会の2023年1月6日付発表資料から)
  • タスマニアデビルの「ダーウェント」 (2022年8月29日撮影、写真は東京都建設局と東京動物園協会の2023年1月6日付発表資料から)

多摩動物公園で20年ぶりに

   発表によると、現在はオーストラリアのタスマニア島のみに分布。以前は家畜を襲う害獣としての疑いにより駆除対象となり個体数を減らしていた。その後、保護法により少しずつ生息数が回復したが、伝染性や致死率の高い「タスマニアデビル顔面腫瘍病(DFTD)」という病気の影響で再びその数が減少しているという。

   都立動物園・水族園の公式サイト「東京ズーネット」内の2016年6月24日付記事によると、同園では同月11日に初めてタスマニアデビルのメス2頭「マルジューナ」と「メイディーナ」を公開した。

   日本の動物園でのタスマニアデビルの公開は、1984年の大阪市の天王寺動物園が初。1988年には札幌市の円山動物園でも公開したが、それぞれ1991年と1996年に展示が終了した。多摩動物公園は3園目で、国内でおよそ20年ぶりの公開だったという。

   同サイトによると、2017年11月7日には新たにオス2頭「テイマー」とダーウェントが来園。しかし17年12月9日にマルジューナが、2019年2月7日にメイディーナが死亡。今回のダーウェントの死により、テイマーだけが残っているとみられる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!