2024年 5月 26日 (日)

日本の若者よ、夢を持とう 人生を楽しむノウハウを習得する「夢検定」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   夢の資格試験「夢検定」3級の受験日が、2023年3月5日と19日に決まった。オンラインで行われる。NPO法人夢検定協会(大阪府東大阪市)が2月7日に発表した。

   「夢検定」は2021年11月に開始し、この2日の実施で41、42回目となる。

  • 18歳の頃の夢、覚えていますか?
    18歳の頃の夢、覚えていますか?
  • 18歳の頃の夢、覚えていますか?

受験後の日常が楽しくなった

   「夢検定」3級は、夢を書き出すワークショップと筆記試験で構成される。受験生は80分間のワークショップで、夢を30個書き出したのち参加者同士で共有するグループワークを行う。その後の筆記試験では、夢を10個書き出すのと、正誤式の選択問題25問の回答が求められる。25問のうち65%以上の正答率で合格となる。

   検定3級の合格率は95〜99%と高い。夢検定協会代表理事の琵琶博之さんによると、本検定が他の資格試験のように知識獲得が目的ではなく、人生を楽しむノウハウを習得する試験であるためだという。

   夢検定協会は2021年11月、専修学校クラーク高等学院に通う1年生を対象にした3級の試験後、受験生にアンケートを実施。同年12月の発表資料によると、受験前に1人あたり平均14個だった夢が、受験後は平均32個に増えたという。また、有効回答32人中18人が、受験後の日常が「楽しくなった/どちらかといえば楽しくなった」と回答した。

   アンケートの自由記入欄には、「夢は小さくても良いと知って毎日が楽しくなった」「意外に僕ってやりたい夢があった」と、前向きな内容が見られた。

   琵琶さんによると、働き方改革やウェルビーイング(心身、社会的に健康な状態)などの観点から、会社の社員向けに夢検定3級を実施した実績もあるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!