2024年 4月 23日 (火)

「大人ピアノ」 大江千里さんが中高年に勧める鍵盤デビュー

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ニューズウィーク日本版(2月28日号)の「ニューヨークの音が聴こえる」で、NY在住のジャズピアニスト 大江千里さんが、中高年にピアノのたしなみを勧めている。初めてでも子ども時代の続きでも、「大人ピアノ」には新たな刺激があるという。

「僕の友人は習い事を始めるのが大好き。乗馬やチェロにピアノと、次々に趣味の範囲を広げている。僕は彼女を『習い事上手』と呼ぶ。うまくやろうなんて思っちゃいないのだ。やっていて楽しいから、そんなシンプルな気持ちだけで生き生きしている...」

   具体的なスポーツや楽器ではなく 習い事全般、それも「始める」ことが好きというのがポイントだ。この冒頭から間を置かず、筆者は「ピアノがボケ防止になるという説がある」と本題に移っていく。

   なんでも、指先を動かすのがいいそうだ。手は「第二の脳」と言われ、指を動かせば脳への刺激になる。左右の手が同時に異なる動きをし、日常ではあまり使わない薬指や小指を意識させるピアノは、数ある楽器の中でも脳の活性化に役立つらしい。

   大江さんはここで、知人の音楽評論家 小貫信昭さんの著書『45歳、ピアノ・レッスン!』を紹介する。初めて人から楽器を習う小貫氏が、ビル・エヴァンス(米国のジャズピアニスト)の代表曲「ワルツ・フォー・デビイ」を弾くまでの実録である。

   「これが『ぞうさん』とか『むすんでひらいて』だったら本にはならなかったのかもしれない。彼の場合は、単なる習い事じゃなくて、ピアノであの名曲を弾けるようになる、という明確なゴールがあった。そういう理由でピアノを始める人もいるだろう」

  • 「街頭デビュー」も夢じゃない=JR上野駅で
    「街頭デビュー」も夢じゃない=JR上野駅で
  • 「街頭デビュー」も夢じゃない=JR上野駅で

自由に触れる

   アメリカでは15人に1人がピアノを弾く、というデータがあるそうだ。大江さんがNYで通った音楽大学のジャズ科でも、専門の楽器に関係なくピアノを上手に弾ける学生が多かったと。聞けば、子ども時代に通った教会が原点とのこと。みんなでゴスペルを歌う時など、伴奏に使うピアノやオルガンに自然に触れる習慣があったのだという。

   大江さんによると、いきなり本格的なピアノに挑むより、鍵盤は小さくて軽いものがいいそうだ。音楽制作アプリをダウンロードすれば、パソコンやスマホ上の鍵盤で音が出せる。譜面などなくても「こちょこちょくすぐって音を奏でるのがいい」。

「大事なのは『自由に鍵盤に触れる』感覚と『弾けるようになりたい名曲』をゴールにすることだと思う...ダウンサイズさせた小さなピアノで、フランクに鍵盤と友達になれる楽しさ、これを僕は、強く勧めたい」

   以上が「ニューズウィークの中高年読者」に向けたメッセージである。

「ピアノの良さは、言葉じゃ伝わらないような気持ちが通じることだ。そばにいる人が笑顔になるのもいい。触れれば音が鳴るのだ。弾いちゃいけない音なんてどこにもない」
冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!