2024年 5月 20日 (月)

「ちはやふる」かるた監修声優が生読み上げ 「和のナレーション」のコツとは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!
【作リエイターズアトリエ(通称「作リエ」)】
テレビアニメ「ポプテピピック」のゲームパートを描き、映像制作やイベント主催など、フリーランスでマルチに活躍する山下諒さん。隔週水曜夜、各分野で活躍中のゲストクリエイターや美大生を招いて、「創作」をテーマに、ツイッターの「スペース」や「オンラインセミナー」で語らう企画が「作リエ」だ。
連載では、スペースで出た話題から、エッセンスを抽出してお届けする。未来のゲストは、今この記事を読んでいるあなたかも?

   第16回のゲストは、声優で、競技かるたA級公認読手(どくしゅ)の木本景子さん。テーマは「『ちはやふる』かるた監修声優が生読み上げ 『何でも和っぽくなる』コツ教えます」だ。スペースアーカイブはこちらから。

  • 声優で、競技かるたA級公認読手(どくしゅ)の木本景子さん
    声優で、競技かるたA級公認読手(どくしゅ)の木本景子さん
  • (2022年に完結を迎えた)「ちはやふる」(c)末次由紀/講談社
    (2022年に完結を迎えた)「ちはやふる」(c)末次由紀/講談社
  • 朗読イベント「犯人は二人」に出演(前列右が木本さん)
    朗読イベント「犯人は二人」に出演(前列右が木本さん)
  • 木本さんが「和のナレーション」を生披露
    木本さんが「和のナレーション」を生披露
  • 声優で、競技かるたA級公認読手(どくしゅ)の木本景子さん
  • (2022年に完結を迎えた)「ちはやふる」(c)末次由紀/講談社
  • 朗読イベント「犯人は二人」に出演(前列右が木本さん)
  • 木本さんが「和のナレーション」を生披露

ふすまを開けた先で見たモノ

   「読手」とは、かるたにおいて「読み札を読む役」。木本さんは高校時代、友人に誘われてかるた部に入った。活動を見学に行き、ふすまを開けた先で見た「ジャージを着た部員が、運動部さながらの声掛けをしながら、勢いよく札をなぎ払っている」姿が、元々抱いていた「かるたは、おしとやかで雅」なイメージを、良い意味で跳ね飛ばしたという。以降、選手・読手両面で研鑽を積み、高校3年生でA級公認読手となった。

   そうしたルーツから、声優として、かるたにまつわる作品や番組に関わる機会が多い。映画「ちはやふるー結びー」には、読手・かるた監修として携わった。現在はナレーションの仕事がメインで、「かるたを読むようにお願いします」とオーダーされるケースもある。

   そこで木本さんに、「木本さん このフレーズに 和の響き 宿らせ読むと どうなりますか」と題し、「和のナレーション」を生披露してもらった(27:57~)。

山下さん「どうやったら、言葉をかるたっぽく読めるんですか?」
木本さん「私の場合、余韻を残すように『間に伸ばし』を入れてみたり、声のトーンも、普段しゃべるのとは違う、ちょっと低めを意識したりしていますね」

   また木本さんは、日本語の文章は基本的に「音が、上から下に流れていく」が、かるたを読む際には「1音目を低く、2音目を高く読む」決まりがあると話した。音の高低に気を付けると、それらしく聞こえるようだ。

   まず、山下さんから出題。自主制作に出てくる歌詞だ。混み合っている電車内では、物理法則や関節の動きを無視した独特なポージング「ジョジョ立ち」のような格好に、意図せずなってしまう、というもの。

「満員電車 人多すぎて ジョジョ立ちになってるじゃあねぇーかッ」

   木本さん曰く、和歌や、かるたには「っ(促音)」で終わるものがない。どのように表現するのか(30:23~)。

   リスナーからは、「ブロッコリーのマリネでチャンピオンを決めるトーナメント戦」といったユニークなフレーズや、山下さんへのエール「山下がんばれ がんばれがんばれ がんばれ山下 山下がんばれ」、「木本さんの自己紹介を、かるた風に」など、多様なリクエストが寄せられた。木本さんによる実演と、工夫したポイントの解説は、スペースにて。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!