2024年 5月 30日 (木)

「戦場のメリークリスマス」でメガホン 「没後10年 映画監督 大島渚」イベント

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大島渚監督(1932~2013)が亡くなって10年。大規模な回顧上映会と記念の展覧会が2023年4月11日から東京・京橋の国立映画アーカイブで始まる。題して「没後10年 映画監督 大島渚」。多数の問題作で世界的に注目された大島監督の作品群と、膨大な資料を通して、創作の裏側にも迫る貴重なイベントだ。

  • 大規模な回顧上映会と記念の展覧会を開催
    大規模な回顧上映会と記念の展覧会を開催
  • 大規模な回顧上映会と記念の展覧会を開催
    大規模な回顧上映会と記念の展覧会を開催
  • 大規模な回顧上映会と記念の展覧会を開催
  • 大規模な回顧上映会と記念の展覧会を開催

短編も含む45作品

   上映されるのは、松竹時代の『青春残酷物語』(1960)や『日本の夜と霧』(1960)のほか、自ら興したプロダクション「創造社」を基盤に次々と送り出された『絞死刑』(1968)、『少年』(1969)、『儀式』(1971)といった問題作。さらには、世界をセンセーションに巻き込んだ国際的合作『愛のコリーダ』(1976)や『戦場のメリークリスマス』(1983)など。

   また、長編デビュー以前に手がけた新人スター紹介用の短編『明日の太陽』、脚本を担当した『月見草』や『どんと行こうぜ』(いずれも1959)、同館が新規収蔵したテレビ映画『アジアの曙』全13話(1964-65)を含む計45作品(34プログラム)も含まれる。

   チケット料金は一般520円/高校・大学生・65歳以上310円/小・中学生100円。

   『愛のコリーダ』は成人映画なので、小・中学生券はない。また成人映画上映の際は、女性専用席を設ける。チケットは4月4日以降、毎週火曜日10時から、翌週(火~日)上映回の電子チケットを同館公式チケットサイトで各回の開映15分前までオンライン販売する。会期は5月28日まで。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!