2024年 3月 4日 (月)

転売のポケモンカードはレアカード抜かれている 松丸亮吾さんの鋭い指摘

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ポケモンカードゲームの新たな拡張パック「スノーハザード」と「クレイバースト」が、2023年4月14日に発売された。同日、タレントでポケモンカード好きでもある松丸亮吾さんが「絶対に転売品を買わない方が良い理由まとめました」とツイッターに投稿した。

   14日は家電量販店など、各地の取扱店に、拡張パックを求める客による行列が形成されたとの情報や、ポケモンカードの箱がフリマサイトで高額転売されているとの話がツイッター上に相次いだ。松丸さんのツイ―トによると、「非正規出品者から(ポケモンカードを)買うと絶対に損」なのだという。

  • 転売が相次ぐポケモンカードだが
    転売が相次ぐポケモンカードだが
  • 転売が相次ぐポケモンカードだが

不正行為「知らない人多い」

   ポケモンカードのテレビCMへの出演もしている松丸さん。ツイートによると、「非正規の出品」で販売されているポケモンカードの箱は、価値の高いレアカードが出品者によって引き抜かれ、他のカードに差し替えられている可能性が高いのだという。非正規出品とは、メルカリなどフリマアプリや、アマゾンや楽天市場といった通販サイトでの非公式業者からの販売を指す。

   定価以上にも関わらずレアカードが抜かれている可能性が高いとし、「この不正を知らない人も多いので拡散お願いします」としている。

   こうした引き抜き行為はどのように行われるのか。ポケモンカードを扱う、トレーディングカードゲーム店の販売スタッフに取材した。「ポケモンカードを遊んでいる人なら、(上述のような転売手口の存在は)大体知っている話だと思います」と話す。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!