2024年 4月 14日 (日)

「忘れられた画家」若冲を再発見 米の美術コレクター「長い間、孤独でした」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本に魅せられ、日本文化の再評価に貢献した外国人は少なくない。2023年4月13日に93歳で亡くなった米国の美術コレクター、ジョー・プライスさんもその一人だ。江戸時代の日本画家、伊藤若冲(1716~1800)に早くから注目し、コツコツと独自に作品を収集、最近の若冲ブームの礎を築いた人として知られている。

  • 東京・出光美術館が入る帝劇ビル
    東京・出光美術館が入る帝劇ビル
  • 東京・出光美術館が入る帝劇ビル

最長5時間20分の入館待ち

   若冲といえば、今や回顧展が開かれるたびに大混雑、長蛇の列になることで有名だ。2016年に東京都美術館で開かれた「生誕300年記念 若冲展」は、最長5時間20分の入館待ちになるほど盛り上がった。

   21年には、代表作の「動植綵絵」が国宝に。様々な植物,鳥,昆虫,魚貝などが生き生きと描かれた30幅に及ぶ花鳥図の大作だ。江戸期の絵画作品では、北斎や広重などの浮世絵はまだ国宝になっていないから、若冲のすごさがわかる。

   ところが若冲は、半世紀ほど前は、一般にはほとんど無名だった。美術史家の辻惟雄さんが1970年、『奇想の系譜』(美術出版社)を出版。その中で、若冲ら江戸時代の特異な画家6人を「奇想の画家たち」として取り上げたことで、ようやく一部の熱心な美術ファンの間で若冲の存在が知られるようになった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!