2024年 5月 22日 (水)

ハンドメイドとSDGsの意外な関係 震災で活躍する「ゴミ」からバッグに

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「第47回2023日本ホビーショー」 が2023年4月27日に開幕した。今回のテーマは、「まだ知らないハンドメイド」。

   J-CASTトレンド記者は、ワークショップを開いている2ブースを訪れ、ハンドメイド体験に挑戦した。29日までの会期中は誰でも参加できる。

  • 日本グルーデコ協会の「グルー継ぎ」
    日本グルーデコ協会の「グルー継ぎ」
  • 写真左下、製作体験できるコサージュ
    写真左下、製作体験できるコサージュ
  • 日本グルーデコ協会の「グルー継ぎ」
  • 写真左下、製作体験できるコサージュ

子どもでも出来る

   最初に訪れた、日本グルーデコ協会のブースでは、「グルー継ぎ」体験を実施。割れたり、欠けたりしたものを、樹脂粘土「wGlue」を使用して、日本の伝統的な修復技法「金継ぎ」のように器を修復する。電子レンジや水にも強いので、修復後の日常使いも可能だ。また、本格的な金継ぎと比べてお手軽な価格と値段でできる。

   代表の山岡まさえさんによると、開始30分で当日の体験枠すべてが埋まった。「SDGs×ハンドメイド」を大きく掲げたところ、「どう繋がるの?」と興味を持つ人が多かったという。山岡さんは、「グルー継ぎによって長く物を使い続けられます。また、知識さえあれば子どもでも出来る手軽さもあります。ハンドメイドを通して、SDGsも身近に感じてもらいたいです」と語った。

   記者もグルー継ぎに挑戦した。日本グルーデコ協会に所属する先生が丁寧に、褒めながら教えてくれる。特に苦戦することもなく30分程度で完成した。ここで使った「wGlue」の残りは、家に持ち帰って使える。道具も百均でそろえられるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!