AI「顔認証」で支払い、自動で改札 「監視手段」になる怖さの指摘も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   AI(人工知能)を利用した「顔認証」の取り組みが広がっている。新型コロナウイルスによるマスク生活が緩和されるのに合わせるかのように、店舗や自動販売機での支払い、地下鉄の改札などさまざまな場所で新たな実証実験が始まっている。近未来映画のような「顔パス」が急ピッチで現実になりつつある。

  • JR大阪駅の「顔認証改札」
    JR大阪駅の「顔認証改札」
  • JR大阪駅の「顔認証改札」

手ぶらで買い物

   ヤフーは2023年4月17日から、東京・渋谷区にある食料品や日用品などを扱う自社の店舗で、顔認証を使った決済システムの実験的な運用を始めた。

   NHKによると、利用者はスマートフォンで顔写真を事前に登録し、キャッシュレス決済サービスとひも付けると、顔認証で買い物ができるようになる。利用者がレジで商品のバーコードの読み取りを行ったうえで、顔認証の装置に顔をかざすと、事前に登録された顔写真と自動で照合し、直ちに決済が完了する仕組みだ。

   NECは4月24日、顔認証技術を自動販売機の決済に活用できるサービスを開始すると発表した。利用者は、現金やキャッシュレス決済可能なカードやスマートフォンなどがなくても、手ぶらで飲料を購入できるようになるという。

   特に、工場や建設現場、高いセキュリティーが求められる施設など、物品の持ち込みに制限がある場所での利用を想定している。今後5年間で5000台の自販機への導入をめざすという。

姉妹サイト