2024年 6月 14日 (金)

女子大に「工学部」続々誕生 共学の理系大学には「女子枠」も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   有名女子大で「工学部」を新設する動きが目立っている。一方で、共学の理系大学の中には、合格枠に「女子」を増やすところも相次いでいる。IT社会の進化で、エンジニア系の人材が不足していることもあり、受験戦線では優秀な女子の争奪戦が始まっている。

  • 理工系の女子が争奪戦に
    理工系の女子が争奪戦に
  • 理工系の女子が争奪戦に

女性エンジニアが不足

   いち早く動いたのは奈良女子大だ。22年4月に工学部を女子大で初めて開設した。国立の女子大は、同校とお茶の水女子大学の2校だけ。全国に多数ある女子大の中でも屈指の伝統を誇る。ウェブサイトで以下のように開設理由が説明されている。

「情報化社会の特色の一つは、AIを初めとするソフトウエアが工学に深く関与し始めたことです。20世紀までの力の工学が、知の工学に変化したことで、知のバランスが必要になり女性エンジニアの不足が問題になっています」
「このアンバランスを正して世界を変える、多様な視点からの意見に耳を傾け、持続可能な社会を作ることのできる、そんな女性エンジニアを育てるために、奈良女子大学工学部は『人と社会の必要性を考えるリベラルアーツ教育』、『創造性と理工系知識を学ぶSTEAM教育』、『そして多様な人々と交流する力を育てるPBL演習』をカリキュラムの中心にしました」

   ⼯学部設置に先立ち、19年11⽉に企業へのニーズ調査を実施した。対象とした172企業のうち161企業(94%)から、奈良⼥⼦⼤の⼯学部で学んだ卒業⽣を採⽤したい(334人枠)という回答があったという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!